一ヶ月ぶりにブログの更新です。7月の後半からバタバタと福島と東京の往復の生活。 途中お盆で実家の佐世保に帰り、東京にほとんどいませんで、ほんとバタバタしていました。更新できず、すいません。

 

こういうバタバタした時にふと目に留まった本がこの「35歳までに必ずやるべきこと」という本。かなり前にベストセラーになった本で、就職する前に買って何度も読んだ記憶があります。買った当時は22歳。もう8年前です。30歳になって改めて読み返してみましたが、やっぱりいい本です。

 

35歳までは基礎固め

この本のおかげで35歳を一つの目標としています。 理由はこの本にも書いてあるので抜粋です。

「本書のタイトルを「35歳までに・・」としたのは、私が今までに面接をしてきて、人の職業人としての基礎は、35歳までに固めなければならないと痛感したからです。 35歳までは、人の心は柔軟性に富、新しいこと受け入れやすく、物事を学ぶ姿勢も積極的です。 ところが、多くの場合、35歳を過ぎたあたりから、過去にこだわり、変化に抵抗する心理状態に陥っていくようです。もちろん、何歳になっても精神の柔軟性を失わない見事な人々にも何人もお会いしていますが、一般的に35歳というのは一つの節目であるように思います」

 

この文書を読んだこと、そして私自身も働いていて35歳以上と以下の人をみた時に同様のことを感じました。 人間は35歳を超えると、変わることは難しい。 経験からもそう思っています。
(もちろんそうでない人もいらっしゃいます。特に震災後にお会いする方はそういう方が多いですが、多分そういう方にたくさんお会いする私は運がいいのでしょう。)

そんなこともあって、35歳というのは私の節目でもありました。

 

さて、この本の中で私が最も気に入っているのが、本の一番最初。
「自分で風を起こしてその風に乗れ」という箇所。 本の一番最初から、赤ペンで線を引いたくらい、よかった箇所です。抜粋します

 

「もし現状に不満があったり、自分の生き方に疑問を感じているなら、自ら風を起こすことを考えてみてください。チャンスは寝ていては来てくれません。無風状態で凧を揚げとき、自分で走って風を起こします。飛行機も自らが猛スピードで走って浮力を獲得します。個人もこの手法を採り入れてはどうでしょうか。自分で風を起こして、その風に乗るのです」

 

この本はほかにも武器は広いながら走れとか、基本的にポジティブ、能動的に動くことが書いてあります。 自己啓発書なんてそういうもの何ですが、言葉の一つ一つがスッと入ってきます。でも、特にこの「自ら風を起こす」は、スッと入ってくる人は多いのではないでしょうか?

 

今は若い人にとっては少々大変な社会です。就活は大変だし、日本企業はリストラの嵐。 でも、少し視点を変えてみると、起業はしやすい環境だったり、新しい産業、新しい働き方があります。SNSを使えば、いろんな人に会える。勉強するのもあんまりお金はかかりません。社会の在り方が変わっているそんな環境だからこそ、現状に不満がある人は自ら風を起こすことを考えてみてください。 自分の人生、一歩踏み出すと大きく変わっていくはずですよ。

最後にこの本のサブタイトルは「運をつかむ人になれ」。
最近お会いした方で印象的だったのが、茅ヶ崎の服部市長。 私も政治に興味があったので、いろんなお話をさせていただきました。

服部市長は今まで一度も選挙に落ちたことがなく、今も新しい公務員試験のやり方を始められたりと注目されています。控えめで、人の意見を聞くタイプの新しいリーダーシップの形を実践されている方だなーと思ってお話を伺いました。

 

市長がお話の中でおっしゃっていたのが、「私はね、なぜか運がいいんだよね」という一言。難しいことをイロイロいうまえに、動く。自ら動くことで、物事は回りだす。そんなみんなが動き出す茅ヶ崎にしたい。ともおっしゃっていました。

 

自ら動くと自然と運は寄ってくるのか?
それとも動いているからよい運やご縁と巡り会わせることが多いのか?
どちらにしても、自ら風を起こし、自ら動くことは重要だと私も思っています。
35歳まで私もあと5歳。いつまでも柔軟にそして何事にも積極的にいきたいものです。 みなさんも良かったらぜひ、この本を。若い人はぜひ読んでね!

では、またぼちぼちブログ再開していきます。よろしくどうぞ。