Page 4 of 20

お正月、祐徳神社に行ってきました! ポジティブな理由は名前から

 あけましておめでとうございます。2014年、ついに始まりましたね!
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、初詣は佐賀の祐徳稲荷神社にいってきました。2014年、最初のブログは自分の名前についてです。

 

祐徳神社と名前の由来

祐徳稲荷神社は、日本三大稲荷の一つ。九州で太宰府天満宮に次いで、2番目の参拝客数(年間300万人)。佐賀では有名な神社です。

うちの母は佐賀の武雄出身。祐徳神社はおじいちゃんも大好きな場所。そして、ぼくの名前、「祐機」の祐はこの祐徳神社から名付けてもらっています。

 

今年は名前の由来もあるし、大事な一年なのでどうしてもこの祐徳神社からスタートさせたくて、家族と行ってきました。神社に行く途中、母からぼくの「祐機」の名前の由来を聞きました。

 

祐は祐徳神社から。徳を積み人を祐(たす)ける人になりなさい。という意味。
機は正しい道を行く、きっかけをつくる、羽ばたくという意味。

 

せっかくなので漢字からきちんと調べてみました!  以下、国語辞典より

 

祐:たすける かばい助ける。神仏の助けという意味。

 

機:

①物事の起こるきっかけ。また、物事をするのによいおり。機会。時機。
②物事の大事なところ。かなめ。 機密、機を制する
③飛行機
④(仏教用語)。仏の教えに触発されて、活動を始める精神的能力。教えを受ける人、あるいは修行をする人の能力、素質、機根。

 

祐も機も実は神様、仏様に通じる言葉らしく、そこからまた神仏の言葉も漢字から調べてみました。面白いのはこの二つの言葉。

祐気取り

「祐気」とは良い気のことで、開運のために「祐気」を取り入れること。太極(自宅)からみて、吉方位に引越しや旅行などをすると良いとされている。「砂取り」・「水取り」・「花買い」などが、「裕気取り」の一種として挙げられる。

 

 

機根

「機根(気根)」とは・・・物事に耐えられる気力、根気。

仏の教えを聞いて修行しえる能力のこと。仏の教えを理解できる度量、器のこと。根性はこの機根がもとになっている言葉。

 

なんだか、縁起がよかったり、根性があったり、修行する能力の意味の言葉もあるそうです。機はこの機根の意味からきていることがわかりました。

 

特に祐気とりって言葉がいい! 開運の言葉!なんだか「ゆうき」って名前に祐が入っているだけで、運があがりそうじゃないですか!

 

そうこうしている時に気づいたんですけど、

祐:良い気を与える、人を助ける
機:ものごとを起こすきっかけになる

って。。。ぼくの名前、意味からして超ポジティブじゃん!!!

 

どおりでぼくはいつもポジティブなのかー!なんじゃこりゃー!って思ってブログ書いています。(現在、31才、自分の名前なんだからもっと前に気づけばいいのにねw )

 

なので、今年の目標は「野田くんと会ったら、いい気(祐気)と元気をもらえるらしいよ!色んな 「きっかけ 」も、もらえるし!」って言われるように、笑顔で元気、超ポジティブにいきます。徳を積みます。陰徳を積みまくります!

祐徳神社への初詣がきっかけで分かった、ぼくがポジティブな理由。
こんな調子で、新年から超元気です!

では、本年もどうぞよろしくお願いします!元気にポジティブに行きましょう!

ドタバタで帰省中。もう年が明けるよー! 2013年、ありがとうございました!

いやはや、もう、12月31日。大晦日です。

この前まで12月になったばかり。 そう思っていたら、あっという間に年末。うおー、師走、恐るべしw

今、帰省中で福岡空港。帰省もバタバタです。

 

毎年、大晦日はブログ書いていますが、今年は時間がなくバタバタと書いてます。ブログまでなんだか今年を表していますね。

今年の前半は岩手、宮城、福島を飛び回り、後半からはきっかけバスで全国の大学生とプロジェクトを進めていました。いや、あっという間に過ぎましたね。

 

特に9月からはすごかった。色んなメディアに取り上げてもらい、さまざまなご縁をきっかけに企業さんにもお話させてもらいました。

 

今年、とにかく準備したので来年1月からは一気にやります。
昨日資料まとめていたら、来年から8つの策があります。
アベノミクスの3本の矢じゃないけど、助けあいジャパンは8つの矢。8つもあったら、必ずどれかは当たるはず! 大きく構えていきたいと思います。

今年は新しい業界の方とのご縁がありました。

有名な企業コンサル、投資家、証券会社のトップ、ベンチャー企業の社長、政治家、全国のがんばっている大学生、これまでの復興では関われないような人達とのご縁です。

 

新しい人たちとの出逢いがあったからこそ、来年はこれまでより進んだ活動ができるはずです。8つの矢で2014年も復興が進むようにがんばりたい。

 

さてさて、そんなご縁が多かった年。プライベートでも新しいご縁がありました。(うふふw) 今年、ぼくが頑張れたのは、間違いなく彼女のおかげです。本当にありがとう。いつも伝えきれませんが、本当に感謝しています。

 

そんな、新しい人とのご縁があった2013年。

みなさま、本当にありがとうございました。 お会いしたみなさまのおかげで、来年は間違いなく復興も新しい方向に進むと確信しています。

 

さて、では、ぼくは今から佐世保行きのバスにのります。
みなさま、良いお年を! もう、年が明けますよー!!!

2013年、ありがとう! 2014年も、よろしくどうぞー!

趣味は「お茶を少々」と言いたくなって。。。(笑 

あまり雑誌は買わないけれど、今月の日経おとなのOFFは買いました。
特集は「千利休と茶の湯入門」。

最近、実はお茶に興味があるのです。

 

お茶に興味を持ったのは今年の正月。
実家に帰った時に、母親に薦められたのがきっかけ。

母は昔からお茶好き。
小学生くらいのころに何度かぼくもお茶会に連れていかれた。
今、うちの実家は兄妹が家をでて、父と母だけ。あいた部屋がたくさんあるので、実家ではお茶の先生をお呼びしてお茶会が開かれている。

 

そんな母親に勧められたお茶。 これまで忙しさを理由に全然行けず。。。
でも、先日、縁があって、知り合いの紹介でお茶のお稽古に行ってきました!

 

茶室への入り方、お菓子のとり方、たべ方、お茶の飲み方と作法と所作を経験。
気遣い、心遣い、立ち振る舞い。日々忙しく過ごしていると忘れがちなことを、学び直すきっかけになりました。

すっごく勉強になってよかったです。お茶もおいしかったし、ハマります。

 

ぼくはその、お茶のお稽古で心に残ったコトバがある。それは、お茶の置き方をまちがえて、右よりに置いたときのこと。

「野田さん、迷ったら真ん中。

迷ったら、あなたは王道を行きなさい。」

という一言。
うーん、深い! 今の自分自身にも大事な言葉だったので、すごく響きました。自分自身が見透かされてるかのようでした。

 

和室にお茶。 ただそれだけのシンプルな場所。ムダなものが削ぎ落された場所だからわかる、物事の本質。 お茶を通じて少しだけ学んだ気がします。

 

30過ぎて、ようやく母親の言う事を聞くようになったぼく。
いやー、親の言うことは、素直に聞くもんですね(笑
うちの母の流派は「宗偏流」。家元は鎌倉にあるので、きちんと訪れたい。

 

お茶、これからも学ぼうと思います。勧めてくれた母に感謝。
「あなたは王道を行きなさい」そう教えてくれた、お茶の先生にも感謝!
お茶に興味ある方は、ぜひ、今月の日経おとなのOFFを。

みんなで 「ご趣味は?」 「あっ、お茶を少々」
って言える大人になりましょうよw

アラブの男子何やってるの!?twitterで「女子みたいな自撮り」がバズってる話!

連休中、久々に妹と話す時間がありました。

妹:兄ちゃん、Twitterでバズッてるアラブ男子の「女子みたいな自撮り」タグって知ってる??

自分:えっ? アラブの地鶏??

妹:いやいや、地鶏じゃなくて、自分撮りの自・ 撮・ り!

ぼくは自撮りを地鶏と勘違いしていたので、ラチがあかないと思った妹がツイッターを見せてくれました。

 

これが自撮りw

 

アヒル口w

 

ただのすね毛の足、女子風w

 

 

これ、アヒル口したり、マニキュアしてみたり、アラブ男性が女子みたいな自撮りをして投稿しているtwitterの写真です。 ちゃんとハッシュタグもあるのでよかったらチェックしてみてください。 ハッシュタグ→#صور_كنك_بنت

女子の間で流行っているらしく、超笑えたので共有しました。
こんなのもありますw

はい、これマニキュアのつもりねw さすが男子、修正液で塗ってるw

 

インターネットって改めてすげー!Twitterがなかったら、アラブの人がこんなのやってるなんて知らなかったわー。

距離と時間を超えて、共有する。個人が中心のインターネット。自分でも忘れかけていた、ネットの力を改めて気づかされました。

アラブ人に負けず、ぼくも「女子みたいな自撮り」やってみようかな♡ ←うそですw

 

気になる人はぜひ下記を。
twitter検索はこのタグ: #صور_كنك_بنت
検索リンクは これ
ブログまとめ:【Twitterで流行】アラブ男性の「女子みたいな自撮り」の破壊力wwwww

 

本気は本気をつくり出す。もう遠慮するのは、やめにします!

 

お久しぶりです!ブログの更新がまったく出来ていませんでした。すいません!
この一ヶ月近く、きっかけバスのプロジェクトに関わり、バタバタしていました。

最初にきっかけバスのお礼を。
お陰さまで503万円の支援金が集まり、9月6日から9月10日まで47名の学生と被災三県を周りました。
ブログこちら(詳細はまたアップされます) 写真や動画はこのFacebookグループに載ってます。

本当に良い合宿になりました。ご支援いただいた皆様、改めてありがとうございます。

 

いやー、若い彼らと東北をまわって勉強になりました。私が彼らから学んだのは一つ。それは、遠慮しないこと。

きっかけバスでは昼は復興と防災を学び、夜はダイアログ。このダイアログが本当すごかった。47人、地域もバラバラの子が集まると一人一人が違う。
その違いで最初はギクシャク。一人一人がぶつかるし、その違いに悩む。

最後の夜のダイアログは、もう、みんなが本音をバンバンいっちゃう。
普通、大人だったら、途中で止めたり調整する。だけど、若い彼らは本音で話す、本気でぶつかる。そして、本気と本気がぶつかるからこそ、最高の結果がでました。
正直にすごかった。そこにいた大人全員が予想してないくらいの結果でした。
本音、本気って大事。改めて気づかされました。
(詳細はプロジェクトのブログにアップされるはずです、しばしお待ちを!)

さて、ここから自分の話をさせてください。

 

実は去年の夏に代表になってから、「公益社団法人の代表」っていうのが、いつも頭にあるんです。世のため、人のための公益法人。だからこそ、自分も良い子になろうとしていました。

国や行政の方と事業をしていると、色んな壁や仕組みにはさまれます。予算、縦割り、ルールに、「あっこれが限界なんだろうなー」って勝手に大人の事情を察し、いろんな人に遠慮していました。組織が大きくなれば、難しいのも確かにわかるのです。

 

ただ、そんな遠慮が自分の中にあるからか一緒に働くメンバーにも、ボランティアで関わってくれている仲間にもはっきり言えない。「3年目だし、色んな事情があるよね」って、かってに遠慮していました。いい意味で相手に合わせた大人の対応。良い子の対応。 でも、それって自分が本気になってない証拠だと気づきました。

 

だから、そんな遠慮はもうやめます。
もの分かりのいい「良い人・良い大人」はやめて、本気でいきます。
やっぱりね、自分が本気でいかないと、相手も本気になれないんですよね。そんなことを若者たちの本音に突き動かされ、大事な仲間の言葉にも気づかされました。ありがとうございます。

幕末に活躍した人の言葉にこういうものがあります。

「一言で国を滅ぼす言葉は『どうにかなろう』の一言なり、江戸幕府が滅亡したるは、この一言なり」(小栗上野介)

 

今、本当に思っていることは「何とかなるさ。じゃ、もう、どうにもならない。」ということ。
東日本大震災は未だに29万人の方が避難生活をされ、9割の方が仮設住宅暮らし。放射能・汚染水対策も続いています。正直に、全くどうにもなっていません。

 

これは、国や行政を批判しているわけではありません。東日本大震災は世界でも類をみない被害をもたらし、これまでのやり方が通用しない。それくらいの国難です。民も官も一緒に、みんなができることを助けあってやらないと復興しない。仕組みもどんどん変えないと復興しないのです。

 

「東北だから」「被災は個人のものだから」「行政がやるから」「もう、風化してるから」「ルールだから」そんな言葉は、もう聞かないフリしますw 良い子やめますw  今までと同じことやってても、解決しないことはよーーーく分かりました。
民は民でできることがあるし、民と官が一緒にやったら、できることはもっとあります。

 

震災から2年半経ちましたが、もっかい、みんなで何とかしましょう。2020年の東京オリンピック。いい意味で復興のゴールができました。 何とかなるさ、じゃなくて、何とかするぞ! その本気が本気の結果を作り出すのです。
変えれるもの、変えれないものがあるのは充分に承知しています。全てが一気に変わるとも思っていません。でも、本気で動き出せば、人は必ず本気で答えてくれます。時間を味方につけて、少しずつ前に進むと信じています。

 

日本中が助けあおう!って、夢みたいな話に聞こえますが、ぼくは本気で信じて、クレイジーに言い続けます。だって、民官連携をしている助けあいジャパンの代表だしね。これまで少々、小さくまとまっていました。反省してます!

 

震災から2年6ヶ月。まだまだ日本中が助けあおう!
復興支援、一人ではできないけど、みんなで助けあって。助けあいジャパンはそうやって想いが人を巻込み、できることで助けあって事業が進んできたはずでした。そんな当たり前のこと、原点を、若い子の本気から思い出しました。

 

久しぶりのブログでしたが、自分の事ばかりになってしまいました。もう、遠慮するのはやめにします、本気でいきます!
改めて、これからも宜しくお願いします。復興から新しい日本、創りましょう。

 

 

P.S
どうにかなるさじゃなくて、どうにかするぞ!
この言葉を教えていただいたのは、岩手で政治家を辞めて、一次産業の復興に力をいれている高橋博之さん。

今日、イベントでお話ししていただきますので、お時間ある方はどうぞこちらへ。ウワサの東北食べる通信のお話も!
詳細⇒https://www.facebook.com/events/413933092061579/ 

 

© 2017 Learn by doing

Theme by Anders NorenUp ↑