趣味は「お茶を少々」と言いたくなって。。。(笑 

あまり雑誌は買わないけれど、今月の日経おとなのOFFは買いました。
特集は「千利休と茶の湯入門」。

最近、実はお茶に興味があるのです。

 

お茶に興味を持ったのは今年の正月。
実家に帰った時に、母親に薦められたのがきっかけ。

母は昔からお茶好き。
小学生くらいのころに何度かぼくもお茶会に連れていかれた。
今、うちの実家は兄妹が家をでて、父と母だけ。あいた部屋がたくさんあるので、実家ではお茶の先生をお呼びしてお茶会が開かれている。

 

そんな母親に勧められたお茶。 これまで忙しさを理由に全然行けず。。。
でも、先日、縁があって、知り合いの紹介でお茶のお稽古に行ってきました!

 

茶室への入り方、お菓子のとり方、たべ方、お茶の飲み方と作法と所作を経験。
気遣い、心遣い、立ち振る舞い。日々忙しく過ごしていると忘れがちなことを、学び直すきっかけになりました。

すっごく勉強になってよかったです。お茶もおいしかったし、ハマります。

 

ぼくはその、お茶のお稽古で心に残ったコトバがある。それは、お茶の置き方をまちがえて、右よりに置いたときのこと。

「野田さん、迷ったら真ん中。

迷ったら、あなたは王道を行きなさい。」

という一言。
うーん、深い! 今の自分自身にも大事な言葉だったので、すごく響きました。自分自身が見透かされてるかのようでした。

 

和室にお茶。 ただそれだけのシンプルな場所。ムダなものが削ぎ落された場所だからわかる、物事の本質。 お茶を通じて少しだけ学んだ気がします。

 

30過ぎて、ようやく母親の言う事を聞くようになったぼく。
いやー、親の言うことは、素直に聞くもんですね(笑
うちの母の流派は「宗偏流」。家元は鎌倉にあるので、きちんと訪れたい。

 

お茶、これからも学ぼうと思います。勧めてくれた母に感謝。
「あなたは王道を行きなさい」そう教えてくれた、お茶の先生にも感謝!
お茶に興味ある方は、ぜひ、今月の日経おとなのOFFを。

みんなで 「ご趣味は?」 「あっ、お茶を少々」
って言える大人になりましょうよw

ボクがいつもポジティブな理由!

 

最近、色んな人と話をしていて気づいたことがある。ぼくはアレルギーもないし、嫌いな食べ物も、嫌いなこととかもない。悩みもほとんどない。

悩んでも寝たらだいたい忘れる。月曜日の朝も気分爽快! さー、仕事するぞー!ってやる気満々です。基本的には鈍感でノーテンキ。未来は明るい!っていつもポジティブです。

 

もちろん、悩むこともあります。昔は仕事、将来のキャリア、人間関係、結婚などなどと、色んなことに迷っていたし、今は事業のことで悩むこともある。でも寝たらだいたいオッケーw

ぼくがこうなったのは3つの理由がある。しかも、それぞれに科学的な根拠があってポジティブになり、結果としてノーテンキになれているのです。

今日はその3つをご紹介します。 科学的な根拠は一個ずつ調べてないけど、多分正しいはず!

 

 

 

ポジティブな理由1:「答えのでないことは考えない」

1つは答えがでないことや自分の範疇に終えないものは、考えないようにしています。

みんなよく、将来どうしよーとか、社会はどうなるとか、老後が、就活が。。。とか言う人多いけど、そんな分からないものは考えないほうがいい。

この「あえて考えない」って、実は脳にいいんです。
脳は1日のうちに10万回も思考をするそこで答えの出ないことがあると、
ずーーーーーーっと脳はそのことを考えてしまうらしい。そうすると、答えがでない問題って何度も何度も考えるから脳の体力を消費するし、思考が次にすすまない。

 

だから、イロイロ答えのでないことを考えちゃう人の脳は、いつもクエスチョンマークでいっぱい。他のことを考える余裕がなかったり、脳がそれだけで疲れちゃって次の行動ができないそうだ。鬱病の人って、実はこういう人が多いみたい。脳が答えの出ないことを考え続けて疲れる。結果としてやる気がでなくなる。先のことなど考えてもわからないのにね。

 

だからぼくは答えがでないもの、分からないものは「ぼくには分からない」と答えを出すようにしています。いろんな難しい問題も、あらかた考えたら「まず行動してみて次に考えよう!」ってまずは答えを出しています。それの繰り返しです。

 

そうすると、脳がすぐ答えを見つけて楽になる。答えをどんどん見つけると、脳もだんだんとポジティブなことを考えるようになって、行動もポジティブになるそうです。

細かい理論は忘れたけど、確か茂木さんの脳の本とかにちゃんと書いてあった話。(すいません、ざっくりでw)

 

 

ポジティブな理由2:朝から30分歩く

 

朝早く起きてウォーキングを30分くらいするとポジティブになれます。早く起きて気持ちがすがすがしいのと、30分ほどのウォーキングはこれまた脳にいいらしい。

歩き始めて15分くらいでβエンドルフィンというホルモンが分泌。このβエンドルフィンは無意識に「楽しいこと」や「ワクワクすること」を考えるホルモンです。

そして、歩き始めてだいたい25分でドーパミンが分泌されます。ドーパミンは脳に「ワクワク感」「高揚感」「達成感」などの快感をもたらすホルモン。これが活性化するとやる気や意欲がわいてくるのです。だから朝から歩くと、朝から自然とポジティブになれるわけです。これも科学的に判明していることで、詳細はこのサイトとかを

このウォーキングをやるようにストレスも激減。最近は日中でも時間があれば、歩くようにしています。ミーティングの間の30分歩くだけでポジティブになるし、考えが整理されるのでおすすめですよ。

 

 

ポジティブな理由3:夜悩んだら寝る!

 

これは看護師をやっていた父に教わったこと。
父は精神科で働いていたのだけど、人が凹んだり、自殺を考えたり、よくないことを考えるのは夜が多いそうだ。人間はやっぱり朝元気で夜は疲れている。で、夜に一人だったり、イヤなことを考えだすと、気持ちがネガティブになるそうだ。

 

これはなんとなく分かる人多くないだろうか?
夜に仕事のこと考えたり、人間関係考えたり、例えば恋愛で彼女ができないー! 寂しいー! っていうの多いと思う。深酒するの夜だよねw 経験からもFacebookとかTwitterみても、夜はやっぱりネガティブな投稿やかまってほしい系の投稿が多い。

そんな時はさっさと寝る! 悩んだらさっさと寝る!
っていうのが父から教わったことです。父は看護師だったし、多分イロイロ調べたら論理的に正しいはず。 すいません、ここもすごくざっくりで(笑

 

あと、余談だけど父にもう一個教わったのがある。
子供のころ聞いて衝撃的でずっと覚えている。 人生を楽しく生きるこつは、4つのSの話。
1つ目はSleep   よく寝ろ!
2つ目はSport   よく運動しろ!
3つ目は Smile    よく笑え!
4つ目はSex          よくSexしろ! (えええっ、Sex!??)

ってことを中学生くらいに教えてもらいました。

最後のSexが中学生的にはそうとうビックリ! しかも、父親の口からその言葉を聞いたのが衝撃的(笑

 

これ、実はアメリカ軍が戦後の日本人の内向的、攻撃的な考えを変えるために言ったことらしい。正しいかどうかはしらないけど、これも多分合っているはずです。

 

1と2は科学的根拠がある話。3と余談は看護師の父からの教え。多分、どれも科学的な根拠があるはずです。すいません、ざっくりな根拠ですが。
こんな感じでぼくはいつもポジティブでノーテンキです!

 

こんなポジティブでノーテンキなぼくもいちおう公益法人の代表(←大丈夫かw)「答えのないことは考えない」とか団体の品位が疑い兼ねないし、団体がきちんと考えて活動されていないように取られかねないのできちんと補足しておきます。

 

補足

先ほどの脳の話にも関係するけど、ぼくに分からないことは考えないようにしています。実はそれができるのは、長期的な展望を自分なりに考えた結果からでした。

2009年にTwitterが流行り、iphoneが売れ始め、いつでもつながるモバイル、ソーシャルメディア全盛の時代が来ました。そんな中で震災が起こり、人々の気持ちにも大きな変化が起こった。 合わせてぼくが当時いたグローバル企業もすごい勢いで変わり始めた。グローバルプラットフォーム、横の組織、現地化、ソーシャルメディアの活用、女性取締役の誕生、多様性と、本当にすごい勢いで変わったのを目の当たりにしました。

そんなことを感じていて、グローバル化、新しいテクノロジー、ソーシャルメディア、社会変革、非営利団体、コミュニティーとそんなことを1年くらいずっと勉強していました。

そこで書いた記事がこれ。ぼくのブログで10万回読まれた記事です。

これからの30年を考える7つのメガトレンド
http://learnbydoing.jp/2012/02/08/megatrend/

 

ちょっと先は分からないけど、30年後の未来の形くらいはなんとなく予測できる。これくらいのざっくりさでちょうどいいんです、予測なんてのは。
一年、二年、五年とかだと、細かい変化に惑わされてしまうので。そして、どうせ先のことは誰もわからないんですから(笑

 

30年後、ぼくは60歳。これから、多分こうなるだろうなーって感じだけ持って、ぼくはこの未来を信じて行動しています。そして、事業についても長期目標を先に考えて行動するようにしています。そう決めておくことで、脳もあまり迷わない。だから、目の前のことに集中できるのです。

 

実はこれはソフトバンクの孫さんの言葉を参考にしています。

近くを見るから船酔いするんです。

3メートル先を見ていれば船酔いするけれど、100キロ先を見ていれば景色はほとんどぶれないものだ。
-孫正義 「孫氏の兵法より」-

 

と長期展望の大事さを孫さんの言葉から学びました。 そう、近くをみすぎるから人生も船酔いしてしまいます。大きな視点で将来をみていると景色はほとんどぶれません。

 

だから、目の前のことに振り惑わされずに行動ができるのだと思っています。変化が早い今の時代だからこそ、ある程度展望を決めたらまず動く。 そして、動いてみてどうなるか考えるくらいでちょうどいいと思っています

 

目の前のことで悩む方は、一度ご自分で将来予測を立てられることをおすすめします。 自分で将来像がなんとなく見えたら、あとは目の前のことをやるだけ。

そして、書いたように
・分からないことは考えすぎない
・ウォーキングを30分する
・悩んだら早く寝る

これを守っておけば、ポジティブに活動できると思っています。
そこで、自分の長期展望が間違ってたらまた変えればいい。それの繰り返しです。どうせ先のことなんてほとんどわからないし、変化が早すぎてどんどん変わる。
だから、間違ってたら気づいた時に変えればいい。その変化に対応するスピードの方こそ大事なのです。

 

今回の記事は前半はポジティブになる具体的な行動の話。後半はそれに伴う、ちょっと心理的な話。ぜひ、お試しください。お陰さまでぼくはポジティブですw

 

 

 

ボクがいつもポジティブな理由!というお話、いかがだったでしょうか?コメントは下記、もしくはyuu_key まで。
いいね!って思った方はFacebookでのシェア、TwitterのRT,はてブも良かったらどうぞよろしくお願いいたします。

今後もこのような記事を書いていきます。RSS登録は下記のボタンから

 

PS:そんなぼくが代表を務める団体は「助けあいジャパン」。
困ったら助けあおう! っていうのが、名前の由来。これまた今考えるとポジティブでノーテンキですね(笑
みんなを信頼する、善の力を信じる、未来を信じる。 そんなことを思って復興と次の震災のそなえをしております。応援どうぞよろしくお願い致します。
復興、3年目もがんばります!

サイト:http://tasukeaijapan.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/TasukeaiJapan
☆メルマガ始めました!登録もぜひ☆http://www.mag2.com/m/0001595640.html

中国古典をおすすめする理由、守屋洋先生にお会いしました!

先日、久しぶりに中国古典の勉強会にでました。この勉強会ですが、中国古典の大家 守屋洋先生(写真右)に直接教えてもらえる勉強会です。

勉強会にはあんまり若い人はいないのですが、私自身は20代から守屋洋先生の孫子や論語を読み始め、中国古典に学ぶことはとても多いです。最近の若い人で中国古典を読んでいる人にあまり会わないので、中国の古典や歴史書をぜひ若い時期から読んでもらいたいので書いていきます。

 

中国古典をおすすめする理由:大きな視点を学べる

読んだ方がよい理由はたくさんあるけど、一つあげると「大きな視点を学べる」というのが大きいです。国や組織の在り方、リーダーとしての素質、時間の考え方、生き方と過去の歴史から大きな視点を学べます。

 

実例をあげましょう。「臥薪嘗胆」という言葉は、呉と越のそれぞれの戦いで復讐を誓った言葉です。

臥薪:父を越の国に殺された呉の王様が、毎晩薪の上で臥せて寝て父の敵をとることを誓ったこと
越をやぶるまでの期間:3年間

 

嘗胆:呉の国に破れた越の王様が、肝を毎晩嘗めて復讐を誓ったこと。
呉を破るまでの期間:22年間

 

という風に、国を破るための戦争一つとっても数年、数十年の話になっています。その復讐を誓った間に、辛い時期を耐え、国力を蓄え、チャンスを待ち、それぞれが数年のスパンでかけて国を破る戦争をしていきます。

 

今の時代に、20年もかけて国を取りますか? そんな考えってしたことありますか?
変化の早い今の時代では、考えて3年。忙しすぎて毎日の生活で精一杯の人も多いと思います。そんな時こそ、どっしりと構えて10年、20年で物事に取り組むことの必要性を学ぶことができます。

 

「20年!? そんなの現実的じゃないよ! 今はネットもあって、変化の激しい21世紀だよ!」という方、

 

残念ですw

 

こういう変化の激しい時代だからこそ、大局を見ておく必要があるのです。

変化が激しく、日々新しいツールや情報がでる現代。 変化に合わせていけばいくほど、忙しくなります。いろんなものに惑わされて、小さなことをやっていても、成果がでないことは多々あります。

また、私の好きな孫子の言葉「彼を知り己を知れば百戦して危うからず」という意味の通り、自分自身を知ることはいつの時代も重要なのです。

 

「そんなこと言ったって、政治は混迷、少子高齢化、企業はリストラだよ!先のことなんて分からないよ!」という方、

 

さらに残念ですw

 

政治、制度、組織というのは、ずーっと昔から形は変わっていません。組織がダメになる理由はいつの時代も同じなのです。

やり方がまずい、リーダーが良くない、部下が良くない、人材が揃っていない、ビジョンやタイミングがよくない。
そんなことがたくさん書いてあるのが、中国古典なのです。大きな視点から本質と重要なポイントが学べるのです。

 

中国の歴史は戦いの歴史、政治の歴史です。 孫子などの兵法書は、戦略やマーケティング、リーダーシップ、韓非子は政治やマネージメント、論語は人としての在り方が学べます。 戦争や政治という話は、1年2年の単位ではなく、数年単位です。

そこには、時間の流れの考え方、長い目で見た時に良くなる例、ダメになる例、リーダーの在り方が影響してきます。それを中国古典から学ぶことで、人として、リーダーとしてどうあるべきか、組織をどうすべきかを考えさせられます。

 

守屋洋先生の「孫氏の兵法がわかる本」から学んだこと

 

私自身は、何もかもがうまくいかなかった時に手に取ったのが、「孫子の兵法がわかる本」 という本です。そこに書いてあったのは、

「日本人はうまくいかないと、玉砕覚悟で勝負を仕掛ける。 結果、準備もできてないし、組織もうまくいかいから、自ずと負ける。
中国人はうまくいかない時には、休む。 こういう時にはジタバタせずに、力を蓄え、準備を整えてから勝負にでる。

この二つの違いは何だろうか? 日本は国土が狭く、逃げようと思っても逃げ切れない。だから平家も源氏に滅ぼされる。 国土が狭いから、考えもどうしても短期的、玉砕覚悟になってしまう。
中国はどうか? 国土は広く、逃げようと思えば逃げ切れるのである。そういう国土的な違いが、考えの違いにも及んでいるのではないか?」

 

こんなことが書いてあったと思います。実際に私も中国に行った際には、田舎の方は本当にのんびりしています。 黄河も本当に大きくて、悠々としています。そんな悠々とした国の思想だからこそ、大きな視点が学べるのです。

ダメな時には動かない、力を蓄える。 私にはそれが今に生きています。
大きな視点で昔書いた記事がこちら。私は30年後はこうなると本気で思って、今を生きていますし、この長期的な視点を持てたのも古典のおかげです。

 

中国古典、ぜひ良かったら見てみてください。
戦争ばかりやっていた何千年もの昔の時代から残ったもの、生、死を分ける事例を元にまとめられたからこそ、本物の使える知識しか残っていません。

良かったら孫子、論語からでもどうぞ。中国古典、たくさんのことを学べます。おすすめです。

 

P.S 守屋洋先生からのコメント

最初に書いた守屋先生に、近況を報告しました。
「組織のリーダーになったからこそ、学ぶことがたくさんあるよ。」とありがたい一言。直接学ぶ機会があって、大変光栄に感じています。トップの写真は去年、初めてお会いした時に感激して撮ってもらった写真です!

 

20代におすすめの本、「35歳までに必ずやるべきこと」

一ヶ月ぶりにブログの更新です。7月の後半からバタバタと福島と東京の往復の生活。 途中お盆で実家の佐世保に帰り、東京にほとんどいませんで、ほんとバタバタしていました。更新できず、すいません。

 

こういうバタバタした時にふと目に留まった本がこの「35歳までに必ずやるべきこと」という本。かなり前にベストセラーになった本で、就職する前に買って何度も読んだ記憶があります。買った当時は22歳。もう8年前です。30歳になって改めて読み返してみましたが、やっぱりいい本です。

 

35歳までは基礎固め

この本のおかげで35歳を一つの目標としています。 理由はこの本にも書いてあるので抜粋です。

「本書のタイトルを「35歳までに・・」としたのは、私が今までに面接をしてきて、人の職業人としての基礎は、35歳までに固めなければならないと痛感したからです。 35歳までは、人の心は柔軟性に富、新しいこと受け入れやすく、物事を学ぶ姿勢も積極的です。 ところが、多くの場合、35歳を過ぎたあたりから、過去にこだわり、変化に抵抗する心理状態に陥っていくようです。もちろん、何歳になっても精神の柔軟性を失わない見事な人々にも何人もお会いしていますが、一般的に35歳というのは一つの節目であるように思います」

 

この文書を読んだこと、そして私自身も働いていて35歳以上と以下の人をみた時に同様のことを感じました。 人間は35歳を超えると、変わることは難しい。 経験からもそう思っています。
(もちろんそうでない人もいらっしゃいます。特に震災後にお会いする方はそういう方が多いですが、多分そういう方にたくさんお会いする私は運がいいのでしょう。)

そんなこともあって、35歳というのは私の節目でもありました。

 

さて、この本の中で私が最も気に入っているのが、本の一番最初。
「自分で風を起こしてその風に乗れ」という箇所。 本の一番最初から、赤ペンで線を引いたくらい、よかった箇所です。抜粋します

 

「もし現状に不満があったり、自分の生き方に疑問を感じているなら、自ら風を起こすことを考えてみてください。チャンスは寝ていては来てくれません。無風状態で凧を揚げとき、自分で走って風を起こします。飛行機も自らが猛スピードで走って浮力を獲得します。個人もこの手法を採り入れてはどうでしょうか。自分で風を起こして、その風に乗るのです」

 

この本はほかにも武器は広いながら走れとか、基本的にポジティブ、能動的に動くことが書いてあります。 自己啓発書なんてそういうもの何ですが、言葉の一つ一つがスッと入ってきます。でも、特にこの「自ら風を起こす」は、スッと入ってくる人は多いのではないでしょうか?

 

今は若い人にとっては少々大変な社会です。就活は大変だし、日本企業はリストラの嵐。 でも、少し視点を変えてみると、起業はしやすい環境だったり、新しい産業、新しい働き方があります。SNSを使えば、いろんな人に会える。勉強するのもあんまりお金はかかりません。社会の在り方が変わっているそんな環境だからこそ、現状に不満がある人は自ら風を起こすことを考えてみてください。 自分の人生、一歩踏み出すと大きく変わっていくはずですよ。

最後にこの本のサブタイトルは「運をつかむ人になれ」。
最近お会いした方で印象的だったのが、茅ヶ崎の服部市長。 私も政治に興味があったので、いろんなお話をさせていただきました。

服部市長は今まで一度も選挙に落ちたことがなく、今も新しい公務員試験のやり方を始められたりと注目されています。控えめで、人の意見を聞くタイプの新しいリーダーシップの形を実践されている方だなーと思ってお話を伺いました。

 

市長がお話の中でおっしゃっていたのが、「私はね、なぜか運がいいんだよね」という一言。難しいことをイロイロいうまえに、動く。自ら動くことで、物事は回りだす。そんなみんなが動き出す茅ヶ崎にしたい。ともおっしゃっていました。

 

自ら動くと自然と運は寄ってくるのか?
それとも動いているからよい運やご縁と巡り会わせることが多いのか?
どちらにしても、自ら風を起こし、自ら動くことは重要だと私も思っています。
35歳まで私もあと5歳。いつまでも柔軟にそして何事にも積極的にいきたいものです。 みなさんも良かったらぜひ、この本を。若い人はぜひ読んでね!

では、またぼちぼちブログ再開していきます。よろしくどうぞ。

 

縁尋機妙 多逢聖因:30歳になりました

 

今日、5月30日に30歳になりました。

朝起きると、Facebookやツイッター、メールにメッセージをいただき、朝から素敵な誕生日を迎えることになりました。
おかげさまでFacebookはずーっとupdateマークが真っ赤の状態です(笑   改めてみなさまありがとうございました。

 

30歳という節目の年なのですが、5月29日 29歳最後の日のお話を。
すでにご存じの方もいらっしゃいますが、BASFは6月末に辞め、30代のうちに政治家を目指しています。 震災やさまざまなことが重なり、日本のためにという思いで、これからは日本の地域、社会のために働きます。

昨日は私が通う政経塾の入塾式。その政経塾の最初の授業の始まりが、タイトルの「縁尋機妙」でした。(えんじんきみょうと読みます) これは昭和のリーダー教育で有名な安岡正篤師のお言葉。「よい縁がさらによい縁を尋ねていく仕方が実に機妙である」 という意味です。

昨年の誕生日には、政治家になることは考えてもいませんでした。まさかBASFを辞めることも思っていませんで、私は一年以内に香港に行くと思っていたのです。 ただ、この1年、震災の影響とお会いした方とのご縁がやはり大きかったのですが、結果として選んだ政治家という道。 その最初の授業で教えていただいた、「縁尋機妙」。言葉の通り、縁が縁を尋ねて、その場に座っている自分がまさに機妙でした。そして、その政経塾の塾長が政治を志したきっかけが、自分の生まれ故郷である 佐世保での出来事だったことも何かご縁を感じました。

もう一つ安岡正篤師が言われていた言葉が、多逢勝因(たほうしょういん) です。こちらは、「よい人に交わっていると、気づかないうちに、よい結果に恵まれる」 という意味です。振返ると、良い師に恵まれ、良い先輩の皆様、仲間にも恵まれた30年でした。 大変ありがたいことに周りによい人が多く、よい結果にも恵まれます。 (失敗もいっぱいしますがw)

たくさんの方のご支援があるからこそ、今日の30歳を迎えられました。 ご縁に恵まれるのは、「人のため、社会のため」と口酸っぱく、(ほんとに口酸っぱくw) 私に教えてくれた両親のおかげだと思っています。 家族、師、先輩、仲間と、皆様にあらためて感謝をしています。

これからの30年は私もお会いする皆様によいご縁をいろんな方にお返しできるように頑張りたいと思っています。29歳の最後に会ったのは、写真にあるクリスマスに東北に一緒にいったメンバーです。(自分が撮った写真だから自分は写ってませんがw)全員、20代、私が一番年上でした。

30代というと、若い世代、先輩の世代のつなぎ役。 二つの世代のつなぎやくとして、時には師や先輩に学び、後輩には少しは何か私から学んでもらえるようにがんばろうと思っています。 しっかりできるかなーとちょっと心配していますが(笑

少々、固い文書になりましたが、30歳の誕生日くらいは (笑 は少なめのマジメな文書でいいかな? と思っています。  こう書いてると、もう20代じゃないんだー!!! と、ふざけたことができなくなりそうで、ちょっと、さびしくなってきましたが(笑

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。