カテゴリー: 自分の話 (1ページ / 2ページ)

皆さま、1年半ぶりにこんにちは。

hello2

こんにちは。そして、お久しぶりです。
野田祐機です。

1年半ぶりにブログを書いています。そして、同じく1年半ぶりにFacebook、twitterにも投稿しています。

 

本当にお久しぶりです。このネットから離れていた間、様々な方にご心配をかけ、ご迷惑をおかけしたことをまず最初にお詫び申し上げます。

 

そして、熊本地震において亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々、そのご家族に心よりお見舞い申し上げます。

ぼくの生まれは長崎。九州の熊本で大地震が起き、家族や友人も被災しています。いち早くの復旧を心より願っております。

 

このタイミングでまた大きな地震。災害大国、日本に生きるものとして、何ができるか本当に考えさせられます。自然災害。それは、なぜぼくがネットを離れていたかにもつながります。そのことを、まず少しだけお話します。

 

1年半前、2014年の秋、ぼくは東日本大震災の復興と防災に関わる公益法人助けあいジャパンの代表を離れたばかりでした。国の機関や行政とも関わりを持つ、公益法人のトップ。その「公人」という立場から「個人」にもどったものの、公と個の切り替えやバランスは急には取れませんでした。

 

経営者の立場であり、社会的な立場もある。さまざまな責任が私にはありました。その中で自分では思ってもいないタイミングで公人から個人に変わる。その変化には時間が必要でした。それは僕自身もそうなのですが、公益法人の持つ社会的な大きな責任と、その代表という立場。それ故に必要な時間だったのだと思います。

 

公から個。 英語で書くとPublicからPrivateです。
立場が急に変わる中、一度、ぼくは完全に「公」から離れました。ほとんど人にも会わず、そして、インターネットからも完全に離れました。

 

 

そして、徹底的に「個」である自分と向き合いました。さまざまな体験をしました。色んな仕事も経験しました。悩み、もがき、色んな感情がありました。はじめての経験ばかりでした。

 

この部分は追ってブログに書きます。多分、みなさんのお役に立つお話が書けると思います。そして、結構、笑えると思います。

 

えー、野田くん、そんなだったんだー!ってね(笑

 

ただ一つお伝えできることは、「違う立場になってこそ、見えることがたくさんある」ということ。本当にたくさんのことを学びました。久しぶりのブログですので、今日はこのことは掘り下げません。ですが、追ってちゃんと書きますね。

 

 

近況について

さて、今のお話です。前進めていたサンクスギングは辞めて、実は今ぼくは2つ仕事をしています。

 

1つは新たな事業。これは5月に法人を作ります。内容はまだ秘密にしています。昨年の9月にアイデアが浮かび、そこから一人で作り始めました。一からプログラムを学び、試行錯誤を積み重ねて形ができてきました。この3月に一緒に進めてくれる仲間も見つかり、信頼できる人たちも周りにいてくれます。

 

この事業はインターネットから離れたからこそ、思いついた事業です。そして、この1年半で学んだことがきっかけです。ぼくはこの事業は、ちょっとだけ自信があります。このことは、本当に一部の人にしか伝えていません。話した人みんなが、ワクワクして応援してくれています。時期が来たらみなさんにもきちんとお伝えします。多分、みなさんもワクワクしてくれると思います!

 

そして、この事業の間にもう1つ仕事をしています。それは派遣社員として、とある外資系投資銀行で働いています。

 

えっ!投資銀行!? しかも、派遣社員!?
な、な、なんじゃそりゃーーー!!!

 

って、ぼくは話が決まったときそう思いました。公益法人の代表のあとに、まさか、投資銀行で働くなんて1ミリも思ってもいなかったしね。

 

派遣社員っていう立場も、実はものすごくありがたく、自分の事業のことも理解していただいた上で働いています。昼間は自分の仕事をして、夕方から5時間だけ投資銀行で専門業務を担当しています。グローバルな投資銀行で金融の最前線に触れる、学べる。仕事なんだけど、超楽しい。

 

最初は投資銀行だー。。。って緊張してスーツで行ってたけど、最近は慣れちゃってたまにパーカーとジーパンで出社してます。とある金融街でパーカーとジーパンの場違いな人がいたら、それ僕です(笑 まあ、昔から数字は得意だったので自分に合ってるし、責任が限定されているからか楽しくやらせてもらってます。

 

とはいえ勤務先はリーグテーブルトップの投資銀行。フロントのバンカーさんは夜中とか朝まで本気で働いています。ぼくは24時間体制の中で5時間しか働いていないから少し自由にできているだけですけども。

 

と、まあ今のぼくの近況はこんな感じです。たまに、知り合いの社長さんのところで土日にイベントのディレクターもやっています。基本は、新しい事業がメインでバタバタしていますし、コード書いています。

 

 

1年半という時間

1年半も離れると、みんなライフステージが変わっています。久々にfacebookを見れば、大学生だった子たちは就職してるし、結婚してる人もいれば、転職した人や引越しした人もいる。東日本大震災からは5年が経ち、引き続き、東北で頑張っている人もいるし、その経験を生かし熊本の復旧に全力の人もいます。

 

ぼくはこの1年半のみなさんのことをほとんど知りません。ぜひ、お話を聞きたい。ぜひ、お会いしたい。そう思って、ネットに戻ってきました。過ぎた時間は戻らない。だけど、みんなのこの一年半を丁寧に知りたいと思っています。

そして、少しでも今のぼくが何かのお役に立つのであれば、微力ながら復旧・復興にも関われればと思っています。

 

最後になりますが、一つだけ書いておきます。
この1年半、ぼくは家族と幼馴染の友人以外、誰にも連絡を取りませんでした。電話もフェイスブックもつながらない。そんな時、何とかしてぼくに連絡をくれた方が2人いらっしゃいました。

 

1年半、ただ継続して連絡をくれて、いつもぼくのことを気遣っていただきました。ただ、ずっと応援をしていただきました。本当に嬉しかったです。その感謝をきちんと伝えたい。思いを届けたい。ぼくの事業はこの二人への感謝からスタートしています。

 

家族や昔からの親友、そして、この1年半の間にこっそり会ってくれたみなさん、本当にありがとうございました。そして、久しぶりにフェイスブックを開けば、色んな方から何十件もメールが来ていました。心配をかけてごめんなさい。そして、気にかけていただきありがとうございます。

 

ぼくは元気です。 みなさんはいかがですか? そうやって、また皆さまと新たな関係を築きたいと思っています。会いたい人がたくさんいます。

 

ブログはまた書きます。Facebookもツイッターも再開します。今日から改めて、個人、野田祐機として応援いただければ幸いです。

 

熊本の復旧、東北の復興を心よりお祈り申し上げ、また、ここから、どうぞよろしくお願い申し上げます。

サンクスギビング、始めます

みなさん、こんにちは。野田祐機です。
ブログを書くのは久しぶり。みなさん、お元気でしたか?

実は8月ごろから、Facebookからもブログからも離れていました。
全然、ネット上に現れないから、色んな人から心配のメールを結構頂きました。
お気づかいありがとうございます。 大丈夫、私、ちゃんと生きてます(笑

 

さて、今日は10月20日。ずっとこの日を待っていました。今日は、とあるビジネスコンテストの発表日。ぼくがずっと考えていた事業が、書類審査にパスし、最終選考に残りました。まずは入選確定です!!

金の卵発掘プロジェクト2014 一次審査 結果発表

 

ぼくが進める事業の名前は、「サンクスギビング」。そう、あのアメリカである感謝祭、サンクスギビングデーからとっています。名前の通り、サンクスギビングデーを日本にあわせた形で地域経済活性化支援としていきます。

 

サンクスギビングは、本当は助けあいジャパンの事業として実施する予定でした。ただ、色んなことがあって、今回は私が起業し、株式会社で事業を展開します。「助けあい」から生まれた「ありがとう」の事業。それが、サンクスギビングです。

 

 

今回、私が入選したのは、ただのビジネスコンテストではありません。
金の卵発掘プロジェクトと言って、株式会社経済界が主催する次代を担う起業家を発掘・応援するプロジェクトです。この会社は経済界という、経営者向けの雑誌を発行しており、50年も続いている歴史ある雑誌です。一般の人には馴染みが薄いかもしれませんが、この経済界主催の交流会や表彰式には、大手企業の社長が多数出席されるほど、経済界では有名な雑誌です。

 

今回、書類審査にパスし、入選が確定したことで、そのような雑誌に取り上げられることもあるし、何より、今度は最終審査としてプレゼンの機会が与えられます。この最終審査で、グランプリと優秀賞、入賞が決まります。

最終審査の審査員はこのように有名な方ばかり。

審査会場では、大手企業の方や銀行、ベンチャーキャピタルの方が参加され、ここでプレゼンすることが、事業の発展に大きなつながる可能性があるといわれています。まさに若手起業家=金の卵へのプロジェクトなのです。

 

少し話は変わりますが、ぼくは、今、公益社団法人助けあいジャパンの代表ではありません。ご存知でない方も多いのですが、8月からは理事として引き続き関わっているものの、新しい体制で進められています。組織的なことでもあるので、ここでは細かく書きませんが、こちらのリリースを。

 

2012年の8月から助けあいジャパンの代表となってちょうど2年。その間にも色んなことがありました。たくさんの方に支えていただき、たくさんの方にご心配と多大なご迷惑をおかけしたのも事実です。色んなことが重なって、今年の8月からはネットでの発信や、人にお会いするのも極力控えていました。

 

その間、公私ともに本当に色んなことがありました。そんな時、私を信じてくれた、家族や友人、仲間、関係者から、たくさんの励ましの言葉やサンクスギビングへのアドバイスをいただきました。本当に嬉しかったです。

今日の入賞は私にとっては一つの節目です。今日から動き出します。これを機に色んな方にお話させていただき、Facebookやブログで発信も始めます。8月から今日までの一つの区切り。自分なりの節目と思って、ずっとこの発表を待っていました。

 

そして、今回の入賞は、私を信じて頂いた方へ、少しだけ恩返しができたかな?と思っています。「みなさんの支えのおかげで、無事、一次審査通りましたよ。」ってね。事業はまだまだこれから。最初の一歩。でも、こうやって選ばれたことは、少しだけ、本当に少しだけですが、みんなへ恩返しができて嬉しいです。ぼくとしても、選ばれたことで自信を取り戻しました。本当にありがとうございます。

 

さて、サンクスギビングの事業は、これからです。必ず結果だします。
今度は東北はもちろん、日本全国の地域経済を活性化していきます(地域活性化ではなく、地域経済活性化がポイントです)

事業の詳細は、すっごく書きたいけど、また今度でも。この事業は私自身が、ものすっごくワクワクしてることだけは、お伝えしておきます。 そして、早く動きたくてウズウズしています。これからも感謝を忘れず、1つずつ進めていきます。ぼくのみんなへの恩返しは、まさにこれからです。必ずこの事業でお返しします。

 

改めまして、今日からサンクスギビング、始めます。
今日から、また、動き始めますのでよろしくお願い致します。

大きな組織を動かすには、大きなビジョンを

 

久しぶりにブログ書きます。

いやー、最近、ブログも書けないし、Facebookも書けなかった。

おいー! 世の中、春だぞー!と思いながらも、何か凹む。
あれです、いわゆる「スランプ」ってやつです。 壁にぶちあたっておりました。

そんな壁、結構大きな壁が目の前にありました。

毎日、ウダウダウダウダ。
あー、なんか元気がでない。 やる気がでない。人に会いたくないし、事務所にもいたくない。 人生で初めて、こんなに凹んだ。

いつもポジティブなんだけど、「自分にもこんな一面があるんだ!」 ってくらいに、ネガティブでした。本当に何にもできませんでした。

大きな壁があるなーとおもってた。けど、そんな壁をぶっ壊してくれたのが、ある経営者の方との打ち合わせでした。

 

 

 

この経営者の方は、ある方の紹介を通じてお会いしました。みんなが知ってる企業の方だし、本当はお会いできること自体スゴいことなんだけど、 凹んでいたこともあって、ちょっとお会いするのが億劫でした。

会いたくなーい! 資料もつくれなーい!
ってそんな感じ。紹介してもらっているのに、本当に行きたくなかった。
でも、お会いしたら全然違った。

 

「野田さん、あなたのビジョンは何なの?」 ってところから、ミーティングが始まり、終止、ビジョンや復興の話をずーっとしていただきました。

普通、だいたい経営者は数字の話とか、どれだけ儲かるとか、そういう話になりがち。でもこの方はふた周り以上違う自分に対して、ご親切にアドバイスをいただき、そして、活動にも協力いただけることになりました。

 

最後にはメールで、こんな言葉をいただきました。

「大きな組織を動かすには、大きなビジョンを。
大きなビジョンを掲げれば、たくさんの壁にぶつかります。でも、まだまだ若いんだから、前に向かって走り続けてください。」

なんか、このメールをもらってから、少しずつ気分がかわってきました。

大きなビジョンを掲げれば、本当にたくさんの壁にぶつかります。時に、批判も受けるし、たくさんの失敗もします。自分の自信もなくなります。それで、ぼくも凹んでました。

でも、それでも前を向いて走る。走り続ける。そうすると、こうやって、サポートしていただける方に巡り会うことができます。なんか、すげーな、ご縁って。 月並みだけど、人生って素晴らしい!!そんなことを実感してます。若いうちは、壁にぶつかりながらも、走り続ける。 これ、大事!

何だか、とりとめもないブログですいません。
でも、批判や失敗が怖くて、仕事ができるか。大きなビジョンを掲げて、走って、壁にぶつかり、それを乗り越えながら、一生懸命がんばる。それが若さの強みだと学びました。

おかげさまで、今はブログを書けるくらい元気です。
いつの間にか、書けなくなってたんだけど、もっと「ガンガン行こうぜ!」。 そんな感じでまた走り続けます。

大きな組織を動かすには、大きなビジョンを。
たった一度の人生、自分で小さくまとまるなよ!

若いって、それだけで素晴らしい。また、やりきります。走り始めます。

P.S
きっかけバス47プロジェクトは4月末まで寄付金を集めております。
こちらもぜひどうぞよろしくお願いします。

何で私がきっかけバスをやってるのか、何で、日本全体を巻込むのか、それはまた次回のブログで。

http://kikkakebus.tasukeaijapan.jp/

母親との電話で泣けてきた話

ブログ書いてるヒマはないんだけど、ログとして残しておきたくて書いておきます。

さっき母親に電話して、わけあって泣いてしまった。縁ってすごい、と思うのとあわせて、正直にぼくの生きる道が今日は明確に見えた。

今日、ある企業の代表の方とお話させていただきました。あんまり具体的には書けないんだけど、その会社さんと今度ある仕組みを作ります。

その会社さんは、全国の障害を持ってる方たちのあるサポートをしている会社。日本全国に支部があり大きい会社、今日のきょうまで私も全然知らなかった。でも、ご紹介いただき、代表の方も熱いし、いろんな話をしました。

そこで出たのが、障害をお持ちの方の後見人の話。
後見人は、自分に何かあったさいに手続きや財産を管理したりする人。とくに高齢や障害をお持ちの方のこの後見人について何かできないか、という話になりました。

私は復興と防災が専門なので、後見人についてはあまり詳しくない。なので、その場では、災害時に被害が多いの高齢者であり、障害がある方だということだけ話をし、その場では何か貢献できないかなーっと思っていました。

ただ、後見人制度が気になったので自分の母親に電話してみた。
うちの母は看護師で、長く知的障害の施設で働いていた経験がある。そんな母に、いろいろ聞いてみた。

 

細かい話は省くが、実はこの後見人制度、すごく社会的に重要らしい。特に制度が変わってから、施設に入る場合には身寄りの無い人は必要で、なかなかうまく見つからなかったりするそうです。

それで、今日、訪問した会社での話もちょっとしてみたら、実はその会社のこともよく知ってた。やっぱり介護や障害をお持ちの方の施設では有名な会社だそうだ。

「今日、そこの代表の人と会ったのよ。後見人についても話したよ」と自分。

「そこの会社、本当に施設の人、施設の職員もお世話になるのよ。まさか、そこの代表の方と会うなんて、すごいわね」 と母。

「今度代表の方とお会いする時には、きちんとお礼を伝えておいて。本当にお世話になったのよ」と母が言った瞬間にエラい泣けてきた。

うちは母も父も看護師。そんな両親がお世話になった会社の代表から頼まれたのが、縁をめっちゃ感じました。 あー、ぼくはやっぱりそういう人のための人生なんだろなーと思って。 名前も人を祐けるという、字からきてるので、やっぱり社会のために何か関わる仕事をずっとやるのでしょう。

なんか予感なんですが、後見人の話も障害の方の話もやる気がしてます。

団体としてか、形はどうにせよ、おそらく今日の社長さんと一緒にやって行くと思う。

実はこのやりかた、やればやるほど、既存の組織と軋轢が生まれます。基本的にやることはいいこと、でも、それをやることで既存組織と何かあると思う。

でも、それを乗り越えないと行けないんだと改めて覚悟しました。それが、変えるってことだし、社会に必要なことなのでしょう。

今日はそんなご縁でした。 あー、やるのぼくなんだ。やっぱり。そんな感じです。これが縁や運命ってことなのねーって感じです。運命っておおげさかもしれないけど、そうだと思う。

何を言ってるかわかんないですよね、これだけじゃ(笑

新しく作る仕組みは乞うご期待。 これ、ある一部ですでに波紋呼んでます(笑

でも、何か新しい仕組みを作るって、そういうことだと思っています。応援よろしくお願いします。 変えていきます。

P.S

前回のブログ記事がめっちゃ読まれてます。応援ありがとうございます。

きっかけバスをあなたの大事な人に伝えてもらえませんか?  -東日本大震災から3年目の風化防止プロジェクト、きっかけバス47は大人の支援者を募集しています-

今日の話と似てますが、きっかけバスの愛知の代表は、障害をもった友人を被災地に連れて行こうと頑張ってます。 誰だって復興に関わるきっかけがほしい。
そんな想いでやってるようです。匠、がんばれ! 一緒にがんばろう。

寄付もあつめてますので、ぜひご協力よろしくお願いします。
http://kikkakebus.tasukeaijapan.jp/

お正月、祐徳神社に行ってきました! ポジティブな理由は名前から

 あけましておめでとうございます。2014年、ついに始まりましたね!
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、初詣は佐賀の祐徳稲荷神社にいってきました。2014年、最初のブログは自分の名前についてです。

 

祐徳神社と名前の由来

祐徳稲荷神社は、日本三大稲荷の一つ。九州で太宰府天満宮に次いで、2番目の参拝客数(年間300万人)。佐賀では有名な神社です。

うちの母は佐賀の武雄出身。祐徳神社はおじいちゃんも大好きな場所。そして、ぼくの名前、「祐機」の祐はこの祐徳神社から名付けてもらっています。

 

今年は名前の由来もあるし、大事な一年なのでどうしてもこの祐徳神社からスタートさせたくて、家族と行ってきました。神社に行く途中、母からぼくの「祐機」の名前の由来を聞きました。

 

祐は祐徳神社から。徳を積み人を祐(たす)ける人になりなさい。という意味。
機は正しい道を行く、きっかけをつくる、羽ばたくという意味。

 

せっかくなので漢字からきちんと調べてみました!  以下、国語辞典より

 

祐:たすける かばい助ける。神仏の助けという意味。

 

機:

①物事の起こるきっかけ。また、物事をするのによいおり。機会。時機。
②物事の大事なところ。かなめ。 機密、機を制する
③飛行機
④(仏教用語)。仏の教えに触発されて、活動を始める精神的能力。教えを受ける人、あるいは修行をする人の能力、素質、機根。

 

祐も機も実は神様、仏様に通じる言葉らしく、そこからまた神仏の言葉も漢字から調べてみました。面白いのはこの二つの言葉。

祐気取り

「祐気」とは良い気のことで、開運のために「祐気」を取り入れること。太極(自宅)からみて、吉方位に引越しや旅行などをすると良いとされている。「砂取り」・「水取り」・「花買い」などが、「裕気取り」の一種として挙げられる。

 

 

機根

「機根(気根)」とは・・・物事に耐えられる気力、根気。

仏の教えを聞いて修行しえる能力のこと。仏の教えを理解できる度量、器のこと。根性はこの機根がもとになっている言葉。

 

なんだか、縁起がよかったり、根性があったり、修行する能力の意味の言葉もあるそうです。機はこの機根の意味からきていることがわかりました。

 

特に祐気とりって言葉がいい! 開運の言葉!なんだか「ゆうき」って名前に祐が入っているだけで、運があがりそうじゃないですか!

 

そうこうしている時に気づいたんですけど、

祐:良い気を与える、人を助ける
機:ものごとを起こすきっかけになる

って。。。ぼくの名前、意味からして超ポジティブじゃん!!!

 

どおりでぼくはいつもポジティブなのかー!なんじゃこりゃー!って思ってブログ書いています。(現在、31才、自分の名前なんだからもっと前に気づけばいいのにねw )

 

なので、今年の目標は「野田くんと会ったら、いい気(祐気)と元気をもらえるらしいよ!色んな 「きっかけ 」も、もらえるし!」って言われるように、笑顔で元気、超ポジティブにいきます。徳を積みます。陰徳を積みまくります!

祐徳神社への初詣がきっかけで分かった、ぼくがポジティブな理由。
こんな調子で、新年から超元気です!

では、本年もどうぞよろしくお願いします!元気にポジティブに行きましょう!