カテゴリー: 変わる

引っ越しをした理由 

三連休に引っ越しを済ませ、大崎に住みはじめました。

さてさて、引っ越しをしたわけですがこれには理由が3つあります。最近はシェアハウスや実家暮らしの人が多いですが、一人暮らしの参考までにどうぞ!

ちなみに前まで住んでいたのは妹と同居で私は4畳半の部屋。その辺りは前の記事を。

 

理由1:引っ越しでちゃんと区切りを付けたかった

こちらは今年の私のカレンダー。
6月以降から予定がガンガン入って真っ赤のところもあります。6月以前の予定は前の会社のスケジュールだから比較は出来ませんが、改めてみるとすごいな(笑
スケジュールが詰まっていてずっとバタバタしています。

 

今年の6月末に会社を退社。5月の半ばに助けあいの代表をやることが決まって、そこからバタバタと動き始めました。5月と6月は二足のわらじでした。
本当は6月以降は無職をする予定だったので、このバタバタ具合にはさすがに想定外。。。 本当はBASFを退社したらゆっくり区切りを付けたかったのにそれもできず。こんな状態だったので、何か自分のスタンスが分からない状態がずっと続いていました。

 

去年家を借りたときは来年の3月には実家に帰ることが前提。

仕事:政治家になる予定が公益法人の代表へ
家:政治家になる予定で家賃の安い部屋(妹と同居)→えっ今は?

と、今やっていることと自分の状況に差異がありすぎて何かよくわからない状態。特に家はパーソナルな部分でおおきな意味を持つので、ここが一貫性がないので改めて区切りを付けたかったのが理由です。

 

理由2.家に自分の居場所がない!→プライベートがない!→珍しくネガティブに!

今日は東京、明日は仙台、その次福島、その後また仙台。 みたいなことが多い半年でした。毎週のように東北に出張に行き、東京にいても帰りがおそい。
家に帰ったらシャワーを浴びて寝るだけ。

休みの日も部屋が狭いのであまり家にいたくない。家にいたくないので近くのカフェとか居酒屋に行ってパソコン開いて結局仕事している感じでした。

そんなことを続けていると自分の居場所がないと感じていました。(本当に!)

ただ寝るだけの家というのと合わせて、プライベートな場所がないとプライベートの時間も無い感じがするんです。そして、珍しくネガティブな感情がたまにでてくるんですよ。ほんと珍しく。

なので、思い切ってガラっと変えてしまおう!というのが引っ越しです。

1.家が狭く自分の場所がない
2.家にいたくない
3.一人の時間がない
4.プライベートな時間がない
5.余裕がなくなりネガティブに(泣

というプロセスを

1.自分の場所となる家を探す
2.家でくつろげるようにする
3.一人の時間が増える
4.プライベートな時間が増える
5.余裕ができてポジティブに!

とまずは場所を定めて変化を起こすのが目的。

 

こういう時細かいところをいじくらずに、大きく変えてしまう方がいいのは仕事で学んだこと。
変化の振り子が大きければ大きいほど変化のあとの結果も大きく振れるので、場所を変えるだけで良い結果につながると期待しています。

 

理由3. 成長には引越して大きな部屋や良いものを

ぼくが最初の一人暮らしをしたのは、佐世保から上京して前の会社に入社した時。23歳の時です。

会社から手当がでるので手当の上限マックスの家賃で、一人で2LDKに住んでいました。 実家は佐世保の田舎の方なので大きい家に住み慣れていたから、贅沢ですがあえて大きい部屋を選びました。(まー会社からお金でるしいいかとw)

途中から家賃手当は無くなり全額自分で払うことになったのですが、大きい部屋から抜けだしたくありません。そうなると、家賃手当の分まで稼ごうと必死になったのです。 給料が倍になったとは言わないけれど、それなりに昇給はしていたし、仕事の責任も増えていきました。ただ、一人で2LDKに住む家賃の出費は大きいので政治家になると決めたら引っ越しましたが。

 

この時に学んだのですが家賃手当が無くなって安い部屋に引っ越していたら、多分いまこんな風にはなっていない。 20代後半からは責任ある仕事も任せてもらっていたのは、やっぱり自分自身で家賃の分稼がなきゃ!と勉強もしていたし、仕事もしていたからだと思う。

 

この「あえて大きな場所にいる」というのは成長に必要なことだと感じています。色んな社長さんのインタビュー見ると、大きなオフィスに移った分仕事をがんばった話が結構でてきます。

また、中国の古典の中には、任官されるまで小さな家に住んでいても、1つだけ贅沢なものを持っていた男の話がでてきます。それを見た武将が「こいつは野心がある」と言って、結局出世したというお話。(誰だったか名前は忘れたw)

 

まー結論から言うと、

・大きな家や良いものを手にするとそれに合わせるように頑張るようになる

ということです。「入れ物が大きくなればその人の器も自然と広がる」的な考えですね。

今回の部屋はそれほど高い家賃ではありません。しかし、これまでの4畳半とは大違い。足ものばせるし、畳の上でくつろげます。満足しています。

 

最後に:引っ越しして思ったこと

書いていて思ったことを最後に。
最近はシェアハウスや実家暮らしの人が多い。確かに先が見えない経済状況だし、若い人がシェアハウスをやるのも、気軽だし、お金もかからないのも分かる。
固定費は下げたいし、仕事も変わるかもしれないしね。ぼくも期間限定だけど、妹と住んだのでわかります。

実家も同じ。 一人暮らしってすごい楽。 家族はいるし、家賃もそんなにはらわなくていいし、ご飯がでてくる時もある。

 

だ・け・ど、
今回改めて気づいたのは一人暮らしするって人生に対して新しい責任を持つ一歩のような気がしています。

固定費が上がるぶんもっと必死で働かなきゃいけないし、そのために努力が必要です。会社はこのままでいいのかな? とか、実家にいてこのままでいいのかな? そういうことを改めて考える機会にもなります。
初期費用もかかるし、家具もそろえなきゃいけない。そういうコミットメントがあるからこそ、今を変えて行くことにつながると思うのです。

居心地がよいところにいても成長はしないし、自分の責任で家を借りるというのは、自分の人生設計や将来に責任を持つことだと感じました。なので、シェアハウスや実家暮らしで、何かうまくいかないな? と思う人がいたら、思い切って一人暮らしをしてみるといいのかもしれません。

 

ぼくの場合は自分の器を広げること、考えを変えることを狙って今回の一人暮らしをスタートしました。これがきっかけで、代表として組織が公益的に貢献し続けることの新しいステージに入ることも狙っています。

 

きっかけは引っ越しただけなんですが、住む場所が変わって私がどう変わったかは来年の年末には結果がでるはず。新居になってパワーアップしていきますので、よろしくどうぞー!

 

いつの間にか大前研一さんの「人が変わる方法」をやっていた2011年まとめ

今年ももう残すところあと少し。 震災があり、日本人それぞれの人に変化があった2011年だったと感じています。

私も人生において一番変化のあった年だと実感しています。震災がきっかけでもあるですが、 よく考えたら、大前研一さんの言う人間が変わる3つの方法をやっていました。
一年で自分自身がどう変わったのかこの3つに沿って、まとめてみたい。

まず、前提となる大前研一さんの人間が変わる3つの方法

人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。

もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。かつて決意して何か変わっただろうか。行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

そして時間、場所、友人の中でどれか一つだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることがもっとも効果的なのだ。 by 大前研一

さっきも書いたが、私は2011年にこの三つを全部やっていたことに気がついた。特に意識をしたわけではなかったのだが、この3つを切り口に今年を振り返ってみたい。

1.時間配分を変える

2011年の最初から変えたのが、時間の使い方。特に、朝5時におきることを心がけた。以前は遅くまで起きて、9時ギリギリに会社に行き、すっきりと頭が冴えないまま仕事をしていた。
これを思い切って朝型に変え、5時に起き朝1-2時間ほどプロボノ、マイプロジェクトのタスクをこなし、頭がさえた8時半ごろ出社し仕事をするスタイルに変えてしまった。

これがきっかけで大きく変わったのはこの三つ

①プロボノ、マイプロジェクトの仕事が面白くなり、自然とスキルが身についた

今年の始めには、自分で始めたProjectmeshという活動でアメリカにいるLisa Ganskyとスカイプミーティングをやったり、翻訳をやっていた。この活動がきっかけで、助けあいジャパンの英語チームを担当することになり、たくさんの人とソーシャル翻訳をやるようになった。結果として、リーダーシップをとるようになり、段取り、人との連携が上手になったことは最も勉強になった点だ

②朝活をするようになり刺激的な人たちとお会いするようになり、ポジティブ思考に

2010年後半から参加した朝タブという勉強会。 そこでステキな人たちとお会いし、meshやSocialshift、助けあいジャパン、HOPE100とたくさんの活動ができた。このメンバーと出会えなかったら、今年の変化はなかったと思う。 詳細は次のパラグラフでまとめたい。
また、早く起きてると時間にゆとりがでる。そこからポジティブ思考に変わっていった。一言加えると、 早起きする人に悪い人はいない。 というのは今年感じたことだ。

③朝早くから会社で仕事ができるため、ある程度の仕事が午前中に片付き、残業が減った

早く起きることで8時くらいには頭が冴えている。会社にも早めに行き、仕事は朝から一気にやるようにした。仕事がマーケティングなので、コンセプトや数字を扱う仕事が多い。本来こういう仕事は朝が向いているとも言われている。
この朝の時間に集中力が増したため、ムダな仕事が減り、結果として残業が減った。結果としてプライベートが充実したのは言うまでもない。
また、プロボノ、マイプロジェクトで学んだことが役に立ち、全体的に仕事のスキルが上がったのも、仕事が速くなったことに一役買っている。(ちなみに仕事は絶好調です!)

(写真は朝活をご一緒させてもらったみなさんと)

2.つきあう人を変える (新しい人達との出会い)

2010年にtwitterを始めてから、それが縁で英語を勉強している人たちと仲良くなり、その流れの朝活がきっかけでソーシャルメディアに詳しい人たちとお会いすることができた。このことがきっかけで、助けあいジャパンに参加することになり、これまでであればご縁のなかった人、各業界の一流の方ともプロジェクトを通じてお知り合いになることができた。

「変化の年」 というのがぴったりなくらい、人との出会いが多かった一年でした。

特に、

ソーシャルメディア系: 斉藤徹さん、徳本昌大さん、市川裕康さんに代表されるソーシャルメディア系のトップクラスの皆様には年間を通しよくしていただき、常によい影響を与えていただきました。

クリエイティブ系:佐藤尚之さとなおさん、石川淳哉さん、佐藤すみこさんに代表される、広告・クリエイティブ系の方とは、助けあいジャパンを通じて一緒に活動させていただき、新しい視点を学びました。

政治系: 助けあいジャパンの活動を通じて、お会いした政治家の方、地元の議員の方とお会いできたのは、これからの自分の人生にとって大きな意味を持ったものとなりました。

そのほかにも先日も佐々木俊尚さん、中国古典の第一人者の守屋浩先生にもお会いさせていただきました。

きっかけは朝活という小さなことなのだが、その人たちとの出会いを通じて、新しいプロジェクト、新しい業界の方とお会いすることができたのは幸運なこと。
(くしくもそのプロジェクトが震災をきっかけだったのが、残念でもあるのだが。。。)

セレンディピティーというのはやはりあるような気がしていて、動いていると本当にいろんな人にお会いする機会が増える。これは私の周りで動いている人が同じように口にしていて、「動いていると、会うよね」 は最近本当によく聞くキーワードになっている。

また、ソーシャルメディアがあることで、twitterで広く関わりある人につながり、facebookで関係を深くできることもこのご縁が広がっている理由のひとつだと思う。ソーシャルメディア上でも、実際に会ったときにでも、自分ができること、興味あること、目標を伝えておくと、いろんなご縁があるので、ぜひ口に出しておくと良いと思う。ちなみに叶う という文字は、口に十 と書き、10回言ったことは叶うという、ステキな意味もあるそうだ。

そして、自分がGive すると、回りまわって自分に返ってくるということ。  以前であれば信じられないようなことだが、最近はこの不思議な力があるような気がしてならない。自分が与えることで、その人たちからも支援してもらえる。 みんな助けるということを意識していなくても、ポジティブなフィードバックが得意な人が周りに多いのは大変光栄なことだと感じる。私もできることで貢献し続けたいと思っています。

また、10年前に佐世保からアメリカに帰ったStahley ファミリーと再会できたことは、すごくうれしかった。

(写真は今年特にお世話になった人達、再会した家族は右端真ん中)

3.住む場所を変える:引っ越ししました

今年の後半、10月に6年住んだ横浜から都内に引っ越しました。理由はいろいろあるのだが、これからのために固定費を下げたかったのが一番の理由。横浜の家は会社から10分だったのだが、都内に住んだため1時間近くの通勤をしています。 幸い、下り方面なので電車は込まず、朝、夕に読書にあてている。

引越しをして感じた、住む家を変えるメリットは、強制的な断捨離ができることである。新しい部屋に住むにあたり、いらないものを全て捨てると、自分に本当に必要なものが見えてくる。 私は本が好きなのだが、200冊以上ブックオフに持っていった時に、残った本棚をみて、自分の方向性がはっきりと見えた。

引越しの後の住み慣れた家が空っぽになった時、一度自分を空っぽにした気持ちになり、新しい家に越して、新しい生活を始めることで新しい自分を作る感覚がするのである。茂木さんの本によれば、家が変われば、行く店や新しい人に会うことは脳にとっても刺激になり、わくわくするらしい。

家を変えると、通勤の時間が変わり、強制的に時間配分も変わるし、新しい人との出会いもある。お金はかかるが、どうしても何かを変えたい時に住まいを変えることは重要なことかもしれない。

最後に

最初にも書いたが、特に私自身は何かを変えたくて上の3つをやったわけではありません。「朝早く起きることで元気な人たちにお会いし、そこから新たな出会い、プロジェクトが始まり、いつの間にか自分が本当にやりたかったことに気づき、変わってしまった。」

という表現が正しいだろう。 どう変わるかは今の段階ではオープンにできないのだが、生き方も全部変えます。(これは時期がきたらブログでちゃんと書きます)

こんな私が大きく変わったのはやはり311の震災、そして次の日から始まった助けあいジャパンの活動です。特にソーシャル翻訳(Socialtranslation)のリーダーをやったことが大きい。

会ったこともない300人とネット上でソーシャル翻訳をし、 それをまとめた動画はなんと一週間で30万人の人に見られた。私はこのときから、人の力を信じている。 一人、一人では何もできないけれど、みんながつながる。つながりがパワーを持つと実感している。もう一ついうと、人のつながりで社会は変わると、その300人の人と翻訳した時に思った。

さきほど書いたが、大前さんは変わる三つのうちでも、時間配分、つきあう人、住む場所の中で時間配分を選んだ。だけど、今の時代は私はつきあう人(仲間・つながり)が重要だと思う。

事実私の周りには、ブログ芸人の玉置沙由里、twitterがきっかけで本を出したHal_J,ブロガーデビュー・出版もされたソーシャルおじさんの徳本昌大さん、ソーシャルアイコンがきっかけで生き方を変えた南暁子さん とソーシャルメディアやそのつながりがきっかけで人生が変わった人が多い

これまでの時代は自分だけが変わり、自分だけが変化する I の変化。でもソーシャルな時代は、みんなで互いをエンパワーし、みんなが変わるWe の変化。 みんな良い方向に変わり、それぞれに刺激を与える。だから、大きく変わる人が多い。2011年の最後、そう実感した。

最後にお礼を書きたい。

すでにお世話になった方のお名前はこの記事に書いていますが、今年もっともお世話になったのは朝タブ×ソーシャルシフトのメンバーだろう。

助けあいジャパンの活動、翻訳、きっかけは先ほどの朝タブという勉強会でであった仲間です。みんな会って1年しか経ってないけど、大事な仲間です。

Socialtranslationの動画がテレビで放映された時も、みんなでスカイプをして見ていた。 あの時に、ソーシャルメディアで世界が変わりつつあることを実感したのだと思う。ソーシャルシフトという活動もみんなで作り上げ、一歩ずつだが社会が変わりつつあることをみんなで見れていることが何より私はうれしい。

2011年感謝の意を表して、このメンバーである

山本大介さん、加藤たけしさん、小和田香さん、野村謙次さん、長山悦子さん、 篠原広高さん、中島明さん にありがとう を伝えたい。

ほかにも英語クラスタの茜さんやリサさん、藤村さん、小野崎さん、ともんぞさん、タクヤくん(中性男子)、じゅんちゃん、かつお~さん、もとくん、助けあいのみなさま、tOYの皆さま、東北に行った仲間と、感謝したい人はたくさんいるが書き出すと終わらなくなるので辞めておこう(笑

以前、人は必要な時に、必要な人に出会うという記事を書いた。

私は2012年、30歳になります。 大きく変わる2012年に、またステキな出会いがあることを祈って2011年のまとめとしたい。

今年、お会いした皆さん、本当にありがとうございました!そして、良いお年を!

大事なものは目に見えない。自分が変わる中で見えたもの

ソーシャルメディアをはじめてというもの、つながり、地域、社会貢献ということに割く時間が増えてきました。

以前の自分であれば、そんなよくわからない(論理的でなく、経済的なメリットのない) ものに時間を割くのはまったくもってムダと考えていました。
それが最近になって、このよくわからない、目に見えないものものこそ大事なのでは? と思えてきたのまとめてみます。

 

過去:お金という分かりやすい評価の時代

リーマンショック以前、こんな考えの人は多かったのではないか? と考えています。 みなさんも当てはまる項目ありませんか?

  • みんなが持ってるから(見栄を張るために)ヴィトンのバックやブランドものを買う
  • とにかくよいモノ、よい服といったモノで充足感を満たす
  • 年収のいい仕事のために転職を繰り返す
  • 仕事、成果のために、プライベートを犠牲にする。(家族や友人とのつながりを犠牲にして)
  • 全ては結果、見えやすい評価である「お金」を基準に
  • 資格、学歴といった分かりやすい評価、結果が重要

どうでしょう、こんな感じがあったのではないでしょうか?

 

私もそうでした。 だから、一生懸命勉強して、実力主義の外資系を就職先に選びました。(ヴィトンのバックはさすがに買わなかったけれど)

 

この背景の一つには、短期主義、短絡的な考えがあったと考えます。年収○○円以上は勝ち組だ!  に代表されるように、お金さえあれば勝ちという、わかりやすい指標での評価。MBAをとったら出世コースとか、 この資格をとったら将来安泰! という短絡的なわかりやすいゴール、分かりやすさが社会全体にあった気がします。

お金というものが評価の基準だから、それ以外の基準、つながりや貢献という「目に見えない評価」は、企業内でもほとんど考慮されませんでした。企業の四半期決算にも代表されるように、短期的な利益を生み出すことが重要だったのです。

ただ、この短期、短絡的な考え方が金融危機により崩壊。 実はお金があっても、幸せにはなれないし、お金だけに走ると社会全体のバランスが崩れることが世界中で見えてきました。そして、そんなに分かりやすいゴールや、単純な解決策もないことにも気づいたのです。結局は、一歩ずつ着実にやるしかないのだよ。そして、バランスが大事なのだよと。

 

現在:原点に戻る 、長期視点、Sustainability

そこからでしょう。 持続可能な発展 という言葉がでてきたのは。Sustainable development という言葉は、本来 環境に優しく、負荷の少ない発展をさす言葉です。 私の会社では、これに加えて、ムリした急激な発展も望んでいないという意味でも使っています。

M&Aを繰り返し、企業の規模を拡大。コスト削減のために不必要な人材を切る。利益、最優先。昔の外資ってこんな感じでした。

でも、今私の会社が何を言ってるかというと

  • 人の成長
  • 組織のつながり
  • 地域・社会への貢献
  • 従業員の安全、安心

といった、お金以外のトピックにみんなが時間を割くようになってきています。そう、先ほど書いた、「目に見えない」評価の軸です。

短期的な視点やお金というわかりやすい評価基準からの脱却。長期的な視点で、人やコミュニティーとして、本来一番大事にしなければいけない「目に見えない評価基準」 への転換が進んでいると思ってなりません。

ソーシャルメディアでよく言われる、「共感」 という言葉。 これもよく見えないですよね。 そう、やっぱり大事なことって、目に見えないような気がしています。

 

 ドラッカーも、ザッカーバーグも言っている

有名なあの人たちも、目に見えないことを大事にしていることが分かります。

 マネージャーが先天的に見につけていなければならない資質が、一つだけある。才能ではない、真摯さだ ピータードラッカー

リーダーシップは言葉で説明ができない。これは芸術と同じだ。芸術もリーダーシップも本物を見れば誰にでもわかる。しかし、それがどういう風によいかは、理論立て説明することは難しい リーダーシップの大家、ウォーレンベニス

 

 顧客に Wow を。社員・顧客に幸せを届ける。(Delivering happiness) ザッポスCEO,トニーシェイ

 

フェイスブックの核をなす価値は、「友だちとのつながりにある」 という結論に達した。 Facebook CEO, マーク・ザッカーバーグ

 

最も重要なのは1番目が志と理念、2番目がビジョン、3番目が戦略です。 ソフトバンク社長、孫正義

 

どうでしょう、どの言葉も示唆に富むものです。そして、お金や地位という分かりやすい評価を手に入れた成功者なのに、目に見えにくいものを重要と説いてることが分かります。

ちなみにFacebookなどのソーシャルメディアが普及するにつれて、セレンディピティーが加速するとも言われています。このセレンディピティーに代表されるように、これからは目に見えないものこそが重要な時代です。

以前、岩手の年配の方に聞いた「モノはそこらじゅうにある、だけどつながりがない」という言葉。これがきっかけでこれまでのブログを書いてきました。今、その訳が見えた気がします。これからまでのMaterialな社会 からSpiritualな社会へと転換が進んでいるのです。私はShareの次にくるSは、Spiritual だと思っています。

 

Spiritual, 星の王子様と童心

そんなことを考えている時にみた中村さんのブログ記事、星の王子さま。私も懐かしくって、久しぶりに本を読んでみました。

この童話の中でも 「大事なものは目に見えない」 ということが書いてあります。 大人になって読むと、すごくステキな本だということを再認識させられました。

今、社会全体が基本に立ち返りつつあると感じます。既存のシステムが形骸化してきたからなのか、大企業、政府というものが信頼できなくなったからなのか、理由はたくさんあると思います。

基本に立ち返る中で、つながり、愛、貢献といった、経済成長の中で忘れていた古き良き社会のものも思い出しているのではないでしょうか。これまで日本には儒教の教えとしてあったものが、今ふたたび人々が価値を見つめなおしていると感じています。 なんか小学校の道徳の授業に戻ったみたいな気分ですね。

 

本当、Spiritualな世界です。これまでのお金や地位というわかりやすい指標に目を奪われて、本当に大事なものを見失っているのではないか? それこそ、一度子どものころに大事にしていたことを思い出してみるとよいかもしれません。

 

目をつぶって、小さいころを思い出すと。。。

友達、家族、夢、愛、希望、仲間

といった言葉が浮かんできませんか? どれも、Materialではなく、Spiritualな心に響く言葉です。

大事なものは、目に見えない。目に見えないからこそ、壊れやすい、失いやすい。だからこそ、大事にしないといけないと思っています。記事を書きながら、そう思いました。

Back to basic、本当に大事なものは古臭いと思われていた、こんなSpiritualなもの。ソーシャルメディアの時代、すべてに透明性が求められます。建前や大人の意見というのを忘れて、大人も、もっと素直になってもいいのかもしれませんね。そして、目に見えない大事なものをもう一度大切にしていくと、新しい社会が見える気がしています。

 

今回の記事、いかがだったでしょうか?
良かった!という方は twitterのRT、いいね、はてブお願いします。 コメントは下記、もしくはyuu_key まで!

RSS登録は下記のボタンから

人生が変わるタイミング。5つ星ホテルよ、さようなら。

先日、香港出張から帰ってきました。今回の出張、じつは5つ星ホテルに泊まっていました。部屋は広いし、夜景はきれい、ほんとにもったいないくらいのホテルに会社のお金で泊まる。それはそれでサラリーマンとしてはいいことなのですが、ふと思ったことが。。。

ということで、今回の記事は私が香港で学んだことついて下記の内容になります

  1. 人生が変わる瞬間。5つ星ホテル、何かもう違うんじゃない?
  2. もったいない、家族、つながりと新しい価値を見つける:スペンドシフトで再認識
  3. つながる人々、デモ、ソーシャルメディア、何が変わったのか? 矢印の向きが変わったのだ

 

1. 人生が変わる瞬間。5つ星ホテル、何かもう違うんじゃない?

会社のお金で海外出張に行き、会社のお金でいいホテルに泊まる。そして、出張手当てまででる。こんな私の会社は、外資の大手企業です。出張でお偉いさんと、マーケティングやらストラテジーやら、横文字ばっかり英語で話してたら、ちょっと頭良くなった気にならないわけでもない(笑

ただ、こんなことずーっとやってたら、大手企業の人は「自分すげーってカンチガイしちゃう」と出張中にふと思った。そんな実力があるわけでもないのに、いいホテル泊まれたり、会社の名前が有名だと、自分自身もすごくなった気がして。

大手企業は仕事の安定や、収益が安定しているからこそ、さまざまなメリットがあります。それがあるから就職で人気になるわけで、このメリットが人を惹き付ける一つになっているのは事実。

私は会社や大手企業を批判しているわけではありません。大手企業 というのはもっと多く、もっとたくさんというお金という価値、グローバル、大きなというのがメリットです。規模の経済を追求し、大きいことは良いことだ。 今まではその「大きな」、そして「お金と安定」いうものが心地よかったのに、なんだか今回の出張で部屋に入った瞬間に自分には合わない気がしたのです。

 

2. もったいない、家族、つながりと新しい価値を見つける:スペンドシフトで再認識

なんか違うんじゃない? それを感じたのは自身の経験と出張中に読んだスペンドシフトの影響があります。このスペンドシフトには、アメリカの消費やライフスタイルが金融危機をきっかけにどう変わったかが書いてありました。

 本から学んだのは、新しい価値観が広まっているということ。危機をきっかけに、大手企業をクビになり、これまでとは違う時間やお金の使い方を強いられます。これまでお金が重要だった価値観から、その中で自分が本当に大事にしている価値を見出していきます。

お金はない。だから倹約をする。自分で鶏を飼育したり、農業をしたりと新しいライフスタイルも広がっています。そういったライフスタイルとあわせて家族、つながり、地域という自分の身の周りのものに人々は価値を見出しています。 そして、本来自分がやりたいことにチャレンジしていることが書かれています。

自分自身も今回の5つ星ホテルに泊まって、部屋に入った瞬間にすごくさびしい気持ちになりました。これまでにはない、「もったいない」 という気持ちです。 いい部屋なのになんて贅沢な、もったいないという感情が一番最初にきたのです。少しでも安いホテルに泊まって、あまりは、東北に寄付すればいいのにと、前とは違う感覚が湧き上がってきました。

 これは311、そして助けあいジャパンの活動を通じて、東北にボランティアに行ったから感じたことです。自分自身で、危機を体験し、実際に現地の状況を見る。 テントや仮設住宅にいる人たちの状況を知ったときに価値観がガラっと変わったのです。その「自分ごと」の体験があったからこそ、考えが変わり、行動が変わってきています。

スペンドシフトにも書いてあるように、日本でもこのような新しい価値観は広がっていると思います。 私だけではなく、私の周りの人も311後に多くの人が、お金や時間の使い方を変え、つながり、家族、地域、他者への貢献 というものを重要視している。 そして、何が自分の人生に必要なのか? それぞれが考え始めています。

 

3.つながる人々、デモ、ソーシャルメディア、何が変わったのか? そう、矢印の向きが変わったのだ

自らの体験を通じて、自分の価値観が変わり、行動が変わる。そんな人たちがつながることで、社会がシフトしている気がしてなりません。 危機を経験した人達は、政府や一部の企業を信じられなくなり、これまでの大きな力に頼るのではなく、自分のことは自分で。自分自身でという方向になったとも言われています

5つ星ホテルに泊まって、スペンドシフトを読む。それとあわせて、ソーシャルメディアの登場、危機による価値観の変化、国や大企業への不信感、そしてエジプトの革命やウォール街のデモという人々の行動について、私は何が変わったのか? と考えていたのだがようやく一つの結論にいきつきました。

それは、

矢印の向きが変わったということです。

下向きの矢印から上向きの矢印へ。
トップダウンから、ボトムアップへと矢印の向きが変わったのです。

国や大企業、企業のトップが主導のトップダウンの社会から、地域、市民、従業員といっボトムアップが重要な社会。これまでのやり方では対応できない複雑な問題や、変化のスピードの速さ、古いパラダイムから新しいパラダイムへ移行するときに、もう国や、大企業、社長といった一部の人たちだけでは解決できないのです。そのために、新しいリーダーシップ、組織の在り方も重要になってきています。

個人のメディア化、キュレーションンの時代、新しい公共、すべて、主役はです、名もない個人・市民です。個人の意思が社会に影響を与える、これまでの上から下に共有されていた情報や意思決定の方向が、下から上へと矢印の向きが変わってきている。そう、「ボトムアップの時代」です。 一人では何も変えることができない、だからこそ、想いを共にする人とつながることが重要になる そのツールがソーシャルメディアなのでしょう。エジプトの革命や、ウォールストリートのデモがそうであるように。 そう、今の時代、社会を作るのは一部のリーダーでも大企業でもなく、新しい社会を作っていくのは、「自分から」なのです。

この矢印が変わったボトムアップの話は、次回の記事で書くのでこの辺でやめておきます。良かったら次の記事をお楽しみに!

 

私見

私は出張に行くと、必ず朝は5時半におきてランニングから一日を始めます。薄暗い街並みを走りながら、街が起きていくのを見るのが楽しい。

走りながら、価値観が変わっていること、ボトムアップであることが頭から離れませんでした。もちろん、自分自身もその新しい方向に走り出していることに気づきながら。

 もう、会社のお金で5つ星ホテルに泊まることもないでしょう。自分には人のお金でこういうことするのはやっぱり合わないし、すごくもったいない。私ももうすぐ30歳、やっぱり30歳が近づくと、色々変わります。

次にいいホテルに泊まるとしたらは好きな人と一緒に泊まるスペシャルな時。5つ星じゃなくても、少しだけいつもと違うホテルでもいい。ただ、自分にとって大事な人がそばにいる。 これまでとは違い、お金ではない。つながりや暖かみのある、そんな普通の幸せを人々が求めはじめている気がします。そんなことに気づいた香港出張でした。

今回の記事、いかがだったでしょうか?
良かった!という方は twitterのRT、いいね、はてブお願いします。 コメントは下記、もしくはyuu_key まで!

RSS登録は下記のボタンから