起業家必見!!Startup Listが 超ヤバい!

久しぶりに起業ネタです。そして、煽りタイトルすいません(笑)

今日はStartup Listのご紹介です。
https://www.startuplist.jp/

いや、マジでこのサービス良い!!ヤバい! 起業家、起業したい方は今すぐ登録した方がいいです。

ぼくはこの24時間で8社のVCさんと面談のアポがとれました。これ、マジすごいって。

 

Startup Listは資金調達の最強ツール!!

スクリーンショット 2018-03-27 10.17.02

一言でいうと、このサービスは起業家と投資家をWebでつなぎます。

 

自分の情報を登録すると、興味をもってくれた投資家さんから連絡があります。有料会員になると、自分から投資家にアプローチもできます。実際にぼくも登録してすぐに1社のVCさんから連絡がありました。無料会員なのによ!?

 

これって、地味にみえて本当にすごいこと。資金調達時にアプローチできる投資家が格段に増えます。それが非常に楽にできます。

 

起業家って、日々のサービスの開発に忙しいじゃないですか。実際に資金調達し始めると、時間や手間はかかるし、精神的に波がきます。その間、日々の業務はだいたい進まないんですよ。

Startup listはその負担がだいぶ減ります。

 

起業家がやるべきことは3つです。

  1. ユーザー登録をする
  2. 自社の情報を入力する
  3. コンタクトする

 

ここでのポイントは2番。自社の情報入れるの、結構面倒です(笑)

まっ、基本情報はすぐに入力できますよね。

スクリーンショット 2018-03-27 10.15.16

この下に事業詳細を入力する必要があります。これが結構大変!

スクリーンショット 2018-03-27 10.15.44

とはいえ、これは裏技があります。

ぼくはとりあえず、事業概要と経営者経歴を入力。それ以外の項目を「後で書きます」って入力して、審査が通りました。そうすると、サービスがどういうものかが確認できます。(この二つは最低限審査に必須とのこと)

まずはサクッと登録して、審査がおりたら触ってみる。で、落ち着いたタイミングで項目をすべて入力してもいいと思います。ぼくはそうしました。

 

面談は絶対行った方がいい!

こっからが実は本題です。登録すると、Emailでアップデートが届きます。で、このメールの中に個別面談の項目があります。

スクリーンショット 2018-03-27 18.27.26

スクリーンショット 2018-03-27 18.27.37

実は昨日の夜にこのメールをみて、とりあえずこの個別面談に応募しました。いいサービスだし、面談何すんだろーと思いながらね。

で、今日の朝 8時に指定の場所にいったら、このサービスを作った栗島さんがいらっしゃいました。

 

29542397_1607681842600492_8159876769048491867_n

起業家の視点で良かった点は5つ!

  1. 時間は45分。ポイントをおさえて、必要な話がきちんとできる・聞ける。
  2. その場で事業にアドバイス。栗島さん自身も起業経験があり、事業の本質をすぐに理解して的確なアドバイスをいただけます。
  3. 事業にフィットしそうな投資家を紹介頂けます
  4. 面談者は有料プランが 30日間無料で使えます(これ、結構うれしいw)
  5. 栗島さんの行動そのものが、非常に勉強になります

 

すごいな!っと思ったのが、面談の最中から栗島さんが投資家を紹介していただけます。EmailとFacebookで紹介していただき、その結果、今日だけで8社のVCさんとアポがとれています。朝9時に面談終わって、19時の時点で8社と面談のアポです。

これは非常にスピーディー、かつ、起業家として本当に助かります。サービスに集中できて、資金調達に動けるの本当助かるんですよ。

栗島さん、コンタクトさせていただいたVCのみなさん、本当にありがとうございます。 良いご縁にできるよう頑張ります。

 

最後に私見を

実はこれまで僕たちは投資家へのアプローチには苦労しています。表面的には手紙のビジネスなんですが、狙っているのはもっと違うポイントです。新規の投資家によく言われてたのは「なんで手紙なの?」、「それ、手書きがよくない?」と、瑣末なところをかなり聞かれ、本当に話をしたい本質的な事業のポイントをちゃんと聞いてもらえませんでした。

それはぼくたちのプレゼンが悪かったのもある。ただ、あまりにも表面的な判断をする投資家もいるんだなーというのがぼくの印象でした。

 

栗島さんはそれが全くなかった。短時間でビジネスの本質を理解され、的確なアドバイス、投資家を紹介いただきました。これって起業家からしたら、めちゃくちゃありがたいし嬉しい。栗島さん、神だわw ってマジで思った。

ぼくが栗島さんから学んだのは下記です

  1. 限られた時間の中でアウトプットをきちんとだす
  2. きちんとヒアリングをし、本質をつかむ
  3. 会った相手に対して貢献をする
  4.  friend listのメリット、改善している点を伝え、会った人を確実にファンにしている

 

この4つの点に加え、サービスの作り方、メールの出し方のすべてが、起業家は勉強になるはずです。これユーザーインタビューからサービス設計のプロセスをそのまま実践されています。

そりゃー、Startup listはいいサービスになるわ。投資家・起業家の本質的な課題を解決されてますもん。

 

このサービスがあることで、起業家側はサービスの質が問われ、投資家側は自社の提供する価値(資金面以外も)が問われます。結果として、スタートアップの市場関係者全員がより本質的な価値で評価されます。本物の起業家、本物の投資家が増えることで、スタートアップが生み出す社会的インパクトも拡大に増えます

Startup Listってそういうサービスです。

本質にアプローチする。一言で表すとそれが栗島さんであり、その思想がサービスにも再現されています。起業家の先輩としても、ぼくは刺激をうけました。

 

ということで、これを読んだ起業家の方は今すぐ登録をお願いします!
投資家の登録もできるようなので、投資家さんもぜひ!

https://www.startuplist.jp/

P.S
どうでもいいけど、前の起業の記事はこちら。体重は一時減少し、最近若干リバウンドしておりますw

起業して10キロ太った(笑

 

もうすぐ7年、東北に行ってきました!

IMG_20180223_102209141

先日、久しぶりに東北に行きました。もうすぐ東日本震災から7年が経つが、九州に住む姉がどうしても一度行きたい、9歳の娘と一緒に大川小学校を見たい。ということでぼくが案内をして回ってきました。ぼくも4年ぶりの東北でした。

 

先に結論から書きます。

「復興は確実に進んでいる。でも、まだまだ道のりは長い。」

自分の目で見て、話を聞いて、この表現が一番適切だと思いました。復興計画の遅れや様々な課題はあります。しかし、復興は着実に進んでいます。それは事実。とはいえ、まだまだ先は長い。問題もたくさんあるけど、国や自治体、誰かが悪いわけでもありません。

 

ただ、311に大きな災害が起こった。そして、その復興には複雑なことが多く、時間がかかってる。そういうことなんだと思います。

では、まずは色々回ったので写真でどうぞ! 最後にまとめもあるので見てね!

 

大川小学校

今回、姉が一番行きたかったのが大川小学校。震災当時、姉は出産を終えたばかり。それから7年。子供を持つ親として、この場所で何が起こったのか見たかったそうです。

IMG_20180223_090324868

 

IMG_20180223_091321859

 

IMG_20180223_091431056

 

学校の裏山

IMG_20180223_091215308

大川小学校は、震災の時15時36分ごろ、津波が川を遡上。校庭にいた児童78名中74名が亡くなっている。当時、裏山になぜ逃げ切れなかったのか? 学校は何をしていたのか?と今でも裁判が続き、4月に判決がでます。

大川小控訴審、4月判決=防災への過失争点-仙台高裁

震災から7年経ちますが、大川小学校は当時のまま。周りも復興が進んでいるとはいいづらく、何もありません。車は工事のトラックばかりでした。

IMG_20180223_090023095

当時の地域の様子

IMG_20180223_090442252

一緒にいった姪は今、9歳。彼女と同い年の子も亡くなっています。姉も姪もただただ、目の前にある学校をみて、当時の津波がいかに大きかったかを実感していました。

親として感じること。同じ小学生として感じること。それぞれに違うけれども、これはやはり現場をみないとわからない。九州にいたら遠すぎてわからない。7年経っても、二人がこの場所に訪れてくれたことが嬉しかった。

 

道中ー南三陸町へ

大川小学校から石巻へ戻って朝ごはん。暖かいご飯と食べながら、大川小学校の話をしていました。姪っ子(つばきちゃん)は、ご飯食べると元気に。さすがは小学生、食事中や車の中はずっとうるさい笑

IMG_20180223_102209141

次に向かった先は南三陸町。近くにつれて工事しているところが増えます。
IMG_20180223_130337335途中のコンビニ。仮設の店舗です。

IMG_20180223_130343098

 

中はもちろん、普通のセブンイレブン。入り口付近にはお供え用のお花がありました。IMG_20180223_125848289

このお花は南三陸町以外にも気仙沼、陸前高田のコンビニにもありました。どの地域も被害が大きかったところです。

生活の中のコンビニにお供え用のお花。東京ではありえません。震災から7年と言っても、地域の方にとってはまだまだ続いています。家族や友人を亡くされ、家も流された。生まれ故郷がなくなる。その復興にはやはり時間がかかる。

7年という月日、コンビニという日常。その中で見たこのお花はぼくの中でインパクトが大きく、考えさせられた。

 

防災庁舎に向かうも、今は近づけない。遠くからの写真です。

IMG_20180223_132416299

津波がきた場所も整備や盛り土が進んでいます。

IMG_20180223_132433275

ぼくは震災当時からきてたので 、当時からすると色々すすんでるなー。というのが感想。だけど、完成にはまだまだかかる。7年経って着実に復興が進んでいる事実と、完成までの気の遠くなる道のり。この二つを感情的に整理するのには時間がかかった。

 

さんさん商店街

IMG_20180223_133331669

せっかくきたから商店街でお買い物。現地のお魚屋、お土産が買えます!

IMG_20180223_135553051

 

南三陸の志津川のタコは超有名! 西の明石、東の志津川と言われるほどの名産地です。超でかいw

 

 

IMG_20180223_135304501 そのタコをもじったオクトバスくん。置くとパスするということで、合格祈願で売られています。

カフェもあります。

IMG_20180223_133237856 IMG_20180223_133502347 IMG_20180223_133822713 IMG_20180223_133526760

雑貨やポストカードに加えて、津波や防災の本も置いてあった。起こった後にどうするのか、東日本大震災を経て、どう防災意識を高めるのか。東北に行けば、必ずそのことを考えるようになります。復興からの防災意識の向上は、もっともっとやりたいと思った。

IMG_20180223_140648526 IMG_20180223_140830024

牡蠣とホタテは姉のおごり(笑)  こういう時、弟って助かる!

IMG_20180223_140109575

IMG_20180223_135643076

ぼくの好物はマルセンのかまぼこコロッケ。めっちゃ美味しいのです。4年ぶりに食べれてよかった!!

その他の写真はこちら。海に船がある。それだけで思わず感動してしまった。

IMG_20180223_142328549

IMG_20180223_142302167 IMG_20180223_142453448

 

気仙沼

本当はここでは色々回りたかったんですが、車の運転に疲れてダウン笑港近くのシャークミュージアムでゆっくりしてました。

IMG_20180223_154646012

IMG_20180223_154635085

大きな建物です。横の壁面にブルーの看板が見えると思います。

IMG_20180223_153912640

この高さまで津波がきたことがわかります。

 

 

IMG_20180223_154221233

 

中に入ると海産物が売ってます。魚、めっちゃ美味しそう。

IMG_20180223_154456384

 

取れた魚を店内で食べることもできますよ。

気仙沼といえばホヤボーヤ。ショップもあれば、神社もあります。復興祈願しておきました!IMG_20180223_154257153

 

IMG_20180223_154353883

 

気仙沼大島へ

この日の宿泊は気仙沼大島へ。

もともと、この気仙沼の復興横丁で「大漁丸」というお店をされていた菊池幸江さんと旦那さんが大島に引っ越し。気仙沼の復興横丁も去年なくなったしね。

ぼくは大島には初めて。船で行きました。車は気仙沼においていけば大人は一人400円。以外と安かった。

IMG_20180223_171330425 IMG_20180223_191548285

この笑顔! 気仙沼に行ったことある人ならきっとわかると思います。

IMG_20180223_191616269 IMG_20180223_191611257

 

民宿の一階はこんな感じ。ゆっくりくつろげました。

IMG_20180223_191602907

こたつでみんなでご飯。気仙沼ならではの食材が多くてうまい!

IMG_20180223_191714656 IMG_20180223_192728859

 

 

 

IMG_20180223_193008719 IMG_20180223_195914865 IMG_20180223_195500189お酒も飲んだけど、前日の夜からずっと運転してたので速攻酔った(笑) こどもにはお子様ランチも用意していただきました。ありがとうございます!

IMG_20180223_192742618

 

大島から陸前高田へ

翌朝、しっかりと朝ごはんを食べて、出発。時間もなかったのだけど、幸江さんのご好意で大島をささっと観光。いろいろみせてもらいました。

 

IMG_20180224_072237521 IMG_20180224_082733417 IMG_20180224_082739505 IMG_20180224_082750518 IMG_20180224_083335172

せっかくなので3人で写真も!

 

帰りのフェリーではかっぱえびせんをカモメにあげました。これ、幸江さんに教えてもらったんだけど、めっちゃカモメ寄ってくる!!!IMG_20180224_094211129 IMG_20180224_093039714

陸前高田では語り部の釘子明さんを訪ねました。
釘子さんは陸前高田が被災したさいに、避難所の運営をされていた方。今はその経験を生かして、震災当時や今の復興の話をされる語り部をされています。

IMG_20180224_105730923 IMG_20180224_105021760 IMG_20180224_105037572

釘子さんのご自宅から陸前高田が見えるので、それをもとにパネルを使って当時と今のお話をしてもらい、姉も姪も食い入るように聞いていました。

IMG_20180224_110203421

 

現状の課題としてはやはり住宅の問題。復興住宅ができたが、今後の家賃の値上がりの問題や入居に際しての保証人の問題も多くあることを教えていただきました。家族を亡くされた方も多いので、入居したいけど、保証人がいない、と方もいらっしゃいます。

復興が進むにつれて、こういう目には見えづらい課題が多くあるとのこと。

IMG_20180224_112641417

あと、個人的に嬉しかったのがこれ。
ぼくたちがやった「きっかけバス」のシールを今でもファイルに貼ってくれていました。ありがたい。全国とつながりできたからこそ、ぼくも復興・防災はまだまだやりたいとこの時思いました。

市内はこういう状況です。住宅もできているし、整備も進んでる。だけど、やっぱりまだまだかかる。

IMG_20180224_114553733 IMG_20180224_114225547 IMG_20180224_120504728奇跡の一本松!!

 

福島から帰路へ

本当は岩手を北上したかったんだけど、時間の関係で今回は陸前高田だけ。
ここから一気に福島まで車を走らせて、郡山の近くの宿に宿泊。

福島、すいません、写真とるの忘れてました(笑)唯一とったのがこの二枚。

 

IMG_20180224_175344759 宿に焼肉屋さんが隣接してて、姉におごってもらった(笑) さすが、持つべきものは家族。お姉ちゃん、ありがとう!!IMG_20180225_085949273

それと、もう一つがこれ。TOKIOの福島県応援ポスター。TOKIOは風評被害が多かった震災直後から、福島県のお米や桃、野菜のPRをしています。これ確か彼らノーギャラでやってるはず。

「7年経ってTOKIOもまだやってる」

それがぼくの第一印象。ぼくは2012年から14年に福島の復興にも携わっていて、かなり彼らのポスターや動画は見た。その当時の記憶や懐かしさ、久しぶりに見た驚きもあった。

当時と変わらずに、彼らはまだやってる。だから、ぼくもまだまだやろう。
そう思えるほどに、このポスターにはたくさんの勇気をもらった。

宿に一泊し、次の日に成田空港に姉と姪を送った。こうやって、ぼくの久しぶりの東北の小旅行は終わった。

IMG_20180225_141554190

 

最後に

震災からもう7年。
最初に書いた通り、復興は確実に進んでます。でも、まだまだ道のりは長い。
それがぼくの感想です。

ぼく自身は4年前に助けあいジャパンの代表理事をやってて、ちょうどこの時期は「きっかけバス47」という全国47都道府県から東北三県を回るプロジェクトをやってました。このプロジェクトや団体経営のことで、ぼくはその後代表を辞めざるをえなかった。

実はそこから東北には関わりたくても関われなかった。それくらい、いろんなことがありました。

今回、いろんな方にお話を聞いたけど今の課題は「生活」です。住宅の問題もあるし、商売の問題もある。沿岸部に行く人は震災後に減っています。震災から1-2年はよかったけど、3年目以降は軒並み減少。どのお店に聞いても元気に対応してもらえるけど、ふとした時に寂しい顔やちょっとした不安を口にされていました。

このさき人が減ってどうなるかわからない、自分の仕事、生活どうなるんだろう。そんな先の見えない不安。ぼくも一時期、生活に苦しんだことがあったんだけど、その時と同じような感覚を覚えました。

みんな苦しくなっているけど、苦しいって言えない。地域全体が復興して頑張っている中で、自分だけ苦しいって言えない。それが7年目じゃないかと思いました。もちろん、ぼくも久しぶりに行ったからそう感じただけかもしれません。でも、多分、当たってると思う。

ただ、今さら、声だかに「復興支援!」って感じでもないし、みんな忙しい。東北の人も日々の生活に精一杯。でも、たまに東北に行って、立ち寄って、現地の物食べて、酒飲んで。そんなゆるーい関わり方でもいいと思う。それで喜んでくれる現地の人はいっぱいいると思う。東北に行く人、年々ほんとに減ってる。

今回、車で東北に来たけど、かかった費用は1人2万5千円くらい。たまの土日に東北に行く。4-5人で車で乗り合いして、コストを割れば2万円くらいで済みます。震災後に東北にボランティアに行かれた方は、ぜひ久しぶりに行ってほしいな。行けば感じることあるし、学ぶこと、考えることもいっぱいある。何より、東北に行くことはすごく現地の方の応援になります。

ぼくはこれまで父と妹と東北に行きました。今回が姉と姪っ子。家族で行っていないのは、母です。近いうち、長崎に住む母とまた東北を訪ねてみたい。まだ一度も東北を訪ねていない人も連れて行きたいし、久しぶりにいろんな方に声かけて行きたくもなりました。

 

国難と言われた東日本大震災。まだまだ、みんなの力が必要です。ぼくはまた復興と防災は関わろうかと思います。ご興味ある方はお気軽にFacebooktwitterにどうぞ!

読んでもらってありがとうございます。シェアも大歓迎です!
では、また!

P.S
3月11日に東京で東北のご飯を食べる会をやる予定です。日曜日だし、集まりやすいしね。興味ある方はこちらにどうぞ!https://www.facebook.com/events/480124979048222/