月別: 2014年 1月月

母親との電話で泣けてきた話

ブログ書いてるヒマはないんだけど、ログとして残しておきたくて書いておきます。

さっき母親に電話して、わけあって泣いてしまった。縁ってすごい、と思うのとあわせて、正直にぼくの生きる道が今日は明確に見えた。

今日、ある企業の代表の方とお話させていただきました。あんまり具体的には書けないんだけど、その会社さんと今度ある仕組みを作ります。

その会社さんは、全国の障害を持ってる方たちのあるサポートをしている会社。日本全国に支部があり大きい会社、今日のきょうまで私も全然知らなかった。でも、ご紹介いただき、代表の方も熱いし、いろんな話をしました。

そこで出たのが、障害をお持ちの方の後見人の話。
後見人は、自分に何かあったさいに手続きや財産を管理したりする人。とくに高齢や障害をお持ちの方のこの後見人について何かできないか、という話になりました。

私は復興と防災が専門なので、後見人についてはあまり詳しくない。なので、その場では、災害時に被害が多いの高齢者であり、障害がある方だということだけ話をし、その場では何か貢献できないかなーっと思っていました。

ただ、後見人制度が気になったので自分の母親に電話してみた。
うちの母は看護師で、長く知的障害の施設で働いていた経験がある。そんな母に、いろいろ聞いてみた。

 

細かい話は省くが、実はこの後見人制度、すごく社会的に重要らしい。特に制度が変わってから、施設に入る場合には身寄りの無い人は必要で、なかなかうまく見つからなかったりするそうです。

それで、今日、訪問した会社での話もちょっとしてみたら、実はその会社のこともよく知ってた。やっぱり介護や障害をお持ちの方の施設では有名な会社だそうだ。

「今日、そこの代表の人と会ったのよ。後見人についても話したよ」と自分。

「そこの会社、本当に施設の人、施設の職員もお世話になるのよ。まさか、そこの代表の方と会うなんて、すごいわね」 と母。

「今度代表の方とお会いする時には、きちんとお礼を伝えておいて。本当にお世話になったのよ」と母が言った瞬間にエラい泣けてきた。

うちは母も父も看護師。そんな両親がお世話になった会社の代表から頼まれたのが、縁をめっちゃ感じました。 あー、ぼくはやっぱりそういう人のための人生なんだろなーと思って。 名前も人を祐けるという、字からきてるので、やっぱり社会のために何か関わる仕事をずっとやるのでしょう。

なんか予感なんですが、後見人の話も障害の方の話もやる気がしてます。

団体としてか、形はどうにせよ、おそらく今日の社長さんと一緒にやって行くと思う。

実はこのやりかた、やればやるほど、既存の組織と軋轢が生まれます。基本的にやることはいいこと、でも、それをやることで既存組織と何かあると思う。

でも、それを乗り越えないと行けないんだと改めて覚悟しました。それが、変えるってことだし、社会に必要なことなのでしょう。

今日はそんなご縁でした。 あー、やるのぼくなんだ。やっぱり。そんな感じです。これが縁や運命ってことなのねーって感じです。運命っておおげさかもしれないけど、そうだと思う。

何を言ってるかわかんないですよね、これだけじゃ(笑

新しく作る仕組みは乞うご期待。 これ、ある一部ですでに波紋呼んでます(笑

でも、何か新しい仕組みを作るって、そういうことだと思っています。応援よろしくお願いします。 変えていきます。

P.S

前回のブログ記事がめっちゃ読まれてます。応援ありがとうございます。

きっかけバスをあなたの大事な人に伝えてもらえませんか?  -東日本大震災から3年目の風化防止プロジェクト、きっかけバス47は大人の支援者を募集しています-

今日の話と似てますが、きっかけバスの愛知の代表は、障害をもった友人を被災地に連れて行こうと頑張ってます。 誰だって復興に関わるきっかけがほしい。
そんな想いでやってるようです。匠、がんばれ! 一緒にがんばろう。

寄付もあつめてますので、ぜひご協力よろしくお願いします。
http://kikkakebus.tasukeaijapan.jp/

きっかけバスをあなたの大事な人に伝えてもらえませんか?  -東日本大震災から3年目の風化防止プロジェクト、きっかけバス47は大人の支援者を募集しています-

こんにちは。今日はみなさんにお願いがあって、ブログを書いています。

現在、助けあいジャパンでは、東日本大震災の風化防止プロジェクト、「きっかけバス47」を進めています。

 

『きっかけバス47』は47都道府県の学生たちが東北三県にバスで行くプロジェクトです。震災から3年、被災地へ応援のバスをだし、ボランティアを通じて復興に貢献し、現地の人のお話を聞くことで311の教訓を日本全体に広めていきます。

今、日本中の大学生が中心となって、この活動が進んでいます。

 

ありがたいことにたくさんのメディア取り上げられています。

YouTube Preview Image

NHK総合テレビ

日経新聞はじめ、90紙以上に掲載していただいています。

 

募金も各地でやっています!(高知のメンバー)

イベントもやってます!(京都でのイベント)

 

ブログも書いてます。(長崎のチームブログ)

http://ameblo.jp/kikkakebusnagasaki/entry-11752320636.html

 

 

こんなように各都道府県で40名の学生とツアー費用400万円を集めるために、それぞれの地元でチームを作り活動しています。本当にありがたいことに、活動が日本中のテレビや新聞、ラジオに取り上げられ、支援していただく方も日に日に増えています。

この活動の背景には、復興が進んでいない現状があります。
震災からもう3年が経とうとするも、未だ仮設住宅で生活する人は約27万人。

被災地のガレキは減ったものの、まだまだ復興への道のりはながく、家もない、仕事もない、先が見えない、といった状況が続いています。

震災から3年、
みんなが東北のことを忘れてきている。
みんなが東北の食べ物、お酒を買わなくなっている。
そうすると、被災地域に訪れる人が減り、地元の経済も回復していきません。

 

 

復興に向かって進む被災地に吹く大きな逆風。それが「風化」と「風評被害」。この逆風を吹き飛ばすには、「復興の旋風」を巻き起こすしかない!そうやって、日本全国で若い学生たちが明るく元気になれる黄色のカラーで活動しています。

 

 

さて、今回は社会人のみなさんにお願いがあります。
このきっかけバスですが、現在、寄付を集めています。この寄付集めにたくさんの人に関わってもらいたくて、このブログを書いています。

実は今や2000人の学生が関わるきっかけバス、最初はたった2人の学生からのスタートでした。

2人で運営のメンバー10人を集め、10人で47人の地域リーダーを集め、47人で各都道府県一人40名、全国で2000名の学生と支援者を集めています。

 

大人の支援、寄付も同じです。一人一人の復興への想いが「寄付」という形になって集まってきています。1人が5人伝え、その5人がまた5人に伝える。その連鎖が大きな支援の輪を作っていきます。小さなアクションが集まって、寄付を集めます。

 

ぜひ、あなたの大事な人へ、このブログとともにきっかけバスを伝えてもらえませんか? 学生たちの東北を思う活動、被災地のために一口5000円から寄付をお願いできませんか?

 

私たちにも大事な人が人生の節目で誰かが支えてくれたように、あなたの寄付で、彼らが被災地に関わるきっかけを作ってあげてほしいのです。一人一人の「きっかけ」の連鎖が被災地を元気にし、これからの新しい日本を作ることに必ずなります。

どうか、ご協力いただけると本当に嬉しいです。
実は、寄付はそんなに集まらないんじゃないか? 学生たちもバスをだせないんじゃないか?そんな不安だけが先行していた時期もありました。でも、学生は集まり、たくさんの方が寄付にもご協力いただいています。

もう、風化しているのかも。。。と1人で凹んでいたんですが、そうじゃないんですよね。やっぱり関わるきっかけがなかっただけの人が多いんです。

 

だから、ぼくは信じます。
困っている人がいたら、ちょっとでも何かしたい。そんな「善の力」を信じます。だから、あんまり無理なお願いはしたくありません。

 

「いいじゃん、野田くん、協力するよ!」そんな軽い感じで結構です。

やるならポジティブに今回の活動に関わってほしいです。ぜひ、全国の方に学生の応援を通じて、きっかけバスが復興に関わる「きっかけ」になってほしいと思っています。

 

最後にこの活動に参加いただける方に2つのお願いです。

1つは飲み会1回分、5000円からの寄付をお願いします。それで、日本中から学生が被災地に行きます。全国の学生が参加しますので、地元の学生への応援の寄付をお願い致します。

もう1つは、このブログとともにご友人3〜5人へメールやFacebookメッセージをお願いします。

 

「最近元気?? 被災地のためにこんな活動があって、私は学生を寄付で応援してるんだけど、あなたにもぜひ知ってほしくって。。。」ってメッセージを周囲の方にお願いします。

今回、47都道府県の学生が参加します。 ぜひ、みなさんのご出身の地元、ゆかりのある地域の学生へ、応援をこめてどうぞお願い致します。

 

震災から3年目、何か東北のためにしたい学生達が日本中にいます。
みなさまの復興への想い、ご自身の地元の学生の寄付に託してもらえると嬉しいです。

応援・ご参加どうぞ、よろしくお願い致します!

 

 

寄付について

寄付についてはクレジットカード、JALマイレージカード、銀行振込で可能です。

クレジットカードはこちらへ。
JALのマイレージポイントはこちらへ。

現金振込は下記の口座へ。

お振込先
銀行名   りそな銀行
支店名   麻布支店
口座名   公益社団法人 助けあいジャパン
口座番号  1741244

ご登録はこちらから

いただいた寄付はすべてきっかけバス47へ使われ、寄付者の方へは税控除のメリットがあり、お礼が送られます。詳細はこちらからどうぞ。

http://kikkakebus.tasukeaijapan.jp/donate/

 

このブログもたくさんの方に知ってもらえると嬉しいです。メッセージとあわせて、Facebook、Twitter、google+などで拡散をぜひお願いします。

ご参考

学生の運営メンバーのブログはこちら。Facebook グループはこちら

47都道府県の学生の活動はそれぞれ下記イベントページからご覧頂けます。ぜひ、地元のページに、「参加」とよければ学生へメッセージお願い致します!

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県 /福島県/新潟県/茨城県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/栃木県/長野県/山梨県/静岡県/岐阜県/石川県/福井県/富山県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/広島県/岡山県/島根県/山口県/徳島県/香川県/高知県/愛媛県/福岡県/佐賀県/熊本県/長崎県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

お正月、祐徳神社に行ってきました! ポジティブな理由は名前から

 あけましておめでとうございます。2014年、ついに始まりましたね!
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、初詣は佐賀の祐徳稲荷神社にいってきました。2014年、最初のブログは自分の名前についてです。

 

祐徳神社と名前の由来

祐徳稲荷神社は、日本三大稲荷の一つ。九州で太宰府天満宮に次いで、2番目の参拝客数(年間300万人)。佐賀では有名な神社です。

うちの母は佐賀の武雄出身。祐徳神社はおじいちゃんも大好きな場所。そして、ぼくの名前、「祐機」の祐はこの祐徳神社から名付けてもらっています。

 

今年は名前の由来もあるし、大事な一年なのでどうしてもこの祐徳神社からスタートさせたくて、家族と行ってきました。神社に行く途中、母からぼくの「祐機」の名前の由来を聞きました。

 

祐は祐徳神社から。徳を積み人を祐(たす)ける人になりなさい。という意味。
機は正しい道を行く、きっかけをつくる、羽ばたくという意味。

 

せっかくなので漢字からきちんと調べてみました!  以下、国語辞典より

 

祐:たすける かばい助ける。神仏の助けという意味。

 

機:

①物事の起こるきっかけ。また、物事をするのによいおり。機会。時機。
②物事の大事なところ。かなめ。 機密、機を制する
③飛行機
④(仏教用語)。仏の教えに触発されて、活動を始める精神的能力。教えを受ける人、あるいは修行をする人の能力、素質、機根。

 

祐も機も実は神様、仏様に通じる言葉らしく、そこからまた神仏の言葉も漢字から調べてみました。面白いのはこの二つの言葉。

祐気取り

「祐気」とは良い気のことで、開運のために「祐気」を取り入れること。太極(自宅)からみて、吉方位に引越しや旅行などをすると良いとされている。「砂取り」・「水取り」・「花買い」などが、「裕気取り」の一種として挙げられる。

 

 

機根

「機根(気根)」とは・・・物事に耐えられる気力、根気。

仏の教えを聞いて修行しえる能力のこと。仏の教えを理解できる度量、器のこと。根性はこの機根がもとになっている言葉。

 

なんだか、縁起がよかったり、根性があったり、修行する能力の意味の言葉もあるそうです。機はこの機根の意味からきていることがわかりました。

 

特に祐気とりって言葉がいい! 開運の言葉!なんだか「ゆうき」って名前に祐が入っているだけで、運があがりそうじゃないですか!

 

そうこうしている時に気づいたんですけど、

祐:良い気を与える、人を助ける
機:ものごとを起こすきっかけになる

って。。。ぼくの名前、意味からして超ポジティブじゃん!!!

 

どおりでぼくはいつもポジティブなのかー!なんじゃこりゃー!って思ってブログ書いています。(現在、31才、自分の名前なんだからもっと前に気づけばいいのにねw )

 

なので、今年の目標は「野田くんと会ったら、いい気(祐気)と元気をもらえるらしいよ!色んな 「きっかけ 」も、もらえるし!」って言われるように、笑顔で元気、超ポジティブにいきます。徳を積みます。陰徳を積みまくります!

祐徳神社への初詣がきっかけで分かった、ぼくがポジティブな理由。
こんな調子で、新年から超元気です!

では、本年もどうぞよろしくお願いします!元気にポジティブに行きましょう!