ついに2012年。明けましておめでとうございます。今日は朝早くからランニングをし、2012年のスタートを切りました。今年でぼくは30歳。文字通り、一年を走りだしてのスタートです。

この走りだしたことには意味があります。私の母は節目を大事に。と昔から言っていました。

年の始まりの元旦、月の始まりの1日、週の始まりの月曜、一日の始まりの朝。これらの節目を大事にしなさい。一本まっすぐ伸びている竹も、節があることで風邪で揺れても大丈夫。
一本まっすぐ何もない竹だと、途中で折れてしまうけど、それぞれの節が揺れを吸収することで、竹は風にも雨にも負けずに伸びている。人の人生も時に浮き沈みがある。竹にも節目があるように、人生の途中の節目を大事にし、まっすぐしなやかに伸びていきなさい。


と教えてもらいました。
いろんなことがあった2011年。1年明けて、2012年は自分自身にとっても重要な年です。その元旦、その朝に走り出せたことはよい節目を迎えられたと思っています。

私は今年の5月に30歳になります。20歳のころ決めた目標は、20代の10年は学びの10年。30代は行動の10年です。これから10年、これまで学んだことを元に、今まで以上に動き、羽ばたく年にしたいと思っています。 (もちろん継続して学ぶことも)

そしてもう一つ。2012年はこれからの30年に向けて、自分の人生の目標に向けてのスタートの年です。昨年、ようやく決まった自分の道。30年かけて、自分が本当にやりたいこと、一生を懸けて取り組む道が見つかりました。

30までにやりたいことを見つけろ。 これは父が昔から言っていた事です。自分探しと言えばそれまでですが、社会にでて、いろんなことを学び、見えてきた自分の方向性。自分が生きてきたこれまでの30年と同じこれからの30年。一歩ずつ歩んでいこうと思います。

年末のブログにも書きましたが、いろんなことを変えた2011年。
2012年は、動く準備はできています。
これまで以上に動きまわります。 これまで以上に熱いと思います。(うっとおしいくらいに熱いと思いますw)

このブログを見ていただいている方や、まだお会いしたことのない方ともいろんなご縁があり、素敵な年になると思っています。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2012年、元旦 野田 祐機